2017年4月2日日曜日

なん実Vダム配信情報メモ

このブログもYOUTUBEも非収益
----------
●マイクラ配信の場合●
だいたい目的はない
だらだらぐだぐだ
戦闘センスも建築センスもないぞ


1.11.2MODマルチサーバーで配信している場合に凸するには

0. 割れは無理。安いから買ってしまえ

1. Minecraft Forge installer ( ★Download Recommended 1.11.2 - 13.20.0.2228 )
 落として導入 フォルダ分け、プロファイル編集はググってくれ
http://files.minecraftforge.net/maven/net/minecraftforge/forge/index_1.11.2.html


2. 下のうpろだから「だm.zip」落として中身をForge適用したフォルダにぶち込む  DLpassはdammin
 http://ux.getuploader.com/minetest_mod_fooljap/


3. 次のグローバルIPアドレス部分をサーバーアドレスに入れて接続できるはず
・2017/05/13
126.58.229.225
 ★毎日アドレスは変わる

初めての1.11.2マルチサーバー 何故かBatから起動できずにメモリ変更できない。テストなんであらかじめ申し訳しとくわ

※Cキーで一括破壊切り替えできるが、伐採時など、使用するときだけONにして、基本はOFFにすること、石系・木系かなりいろいろぶっ壊せるから取り返しつかなくなるぞ

※動物ムダに増やしまくるとか、人の建築破壊とか、拠点の生物虐待とか、荒らしとか、チック回路などの鯖負担行為は勘弁な

※初期拠点の近くは保護かかってる

●MOD要素
・抜刀剣 つよすぎ
・ゾン肉焼いたら皮になる
・鶏卵焼いて卵焼き
・鞍、馬鎧、名札レシピ
・イカ足落とす、焼いて食える
・人参スープ
・溶岩が水のように無限化
・溶岩バケツと水バケツは作業台の置き方で黒曜石、焼石、丸石のレシピになる。ヤバイ
・作物が植えてあればジャンプしても畑が壊れない


じゃ、おまえらのイカれたセンス待ってるぜ!


プロファイルで使用するフォルダを変えて起動すればVerやMOD環境の違う別の環境を構築できる。
フォージインストーラーをクライアントにインストールしてできるフォルダに変えるだけ。
~~\AppData\Roaming\.minecraft\versions\1.7.10-Forge10.13.4.1558-1.7.10
これとか
プロファイルで使用する空フォルダを指定して1回起動したら、MODSとか必要なフォルダ構成が生成されるから
そこにMODつっこんで再起動やな
詳しくはぐぐって

-----------

2017年2月6日月曜日

minecraft マインクラフト マイクラ minetest マインテスト マイテス

マイクラの新しいゲームランチャーはプロファイルをコピーして編集できないのでゴミカス。

MCreatorとかいう目障り馬鹿量産機。絶滅しろ。あのクズども全員非公式フォーラムBANしろ。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 抜刀剣mod(SlashBladeMOD)


  65種類の抜刀剣  (All 65 types of SlashBlade)
おまえは一振りの抜刀剣を使い終わったら、キチッと刀掛台に飾ってから、次の抜刀剣を使うだろう? 誰だってそーする。おれもそーする。

ただし、鞘無し錆びた剣は飾っていないので全66種類が正解か。折れや錆で入手するやつは飾っているが、単に使って折れただけの刀は除外する。

サバイバルだとTT無しではKillCountが辛い。ボスドロップ率が100%じゃなかったりする。材料が結構負担。派生させると元の刀はなくなるので、全種類飾るのは辛い。

SlashBlade-Kamuyで追加される神威刀「カンナ」のSAニシコトロアイが雷撃できて格好良い 。ただ、ターゲットした敵一体だけなのと、離れすぎると発動しないから微妙。
SAとしてはまっすぐ飛んでく幻影刃や波刀竜胆が使いやすい。
Vキー特殊アクションが使いづらすぎ
 キーボードでやれるレベルじゃなかった。

よくわからんけど、右クリックだけでめっちゃ強い
ゾンビみたいな遠距離攻撃なしで接近してくる雑魚は、背後から攻撃されない限り無敵と化す。
遠距離攻撃系も右クリック連打して近づけば、かなり跳ね返せる。
エンドラ戦は弓でクリスタルを壊せば余裕。壊さないと回復されて辛い。
ウィザー戦はウィザー状態を解除する手段があれば余裕

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
クリーパーの王 / Creeper King
 

 ●材料 エメラルド大量、レッドストーン一杯、金多め、ネザー水晶それなり、ラピスラズリ・ダイヤモンド・黒曜石・シーランタン少量
 シーランタン使ったからバニラ1.8以上。村人酷使すればサバイバルで作れるだろうけど、これはクリエイティブ製。誰かこれMODで作って下さい。匠Craftの作者さんが作ってくれたら良いと思うなあ。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●ドックリーパー 
 

クリーパー犬
まじできもい。どうしてこうなった!
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
____________________

あ! やせいの ヌマクローが とびだしてきた!  ▼
____________________ 映ってるの左から、オーク、マツ、シラカバ、ジャングル、アカシア、ダークオークの家、
色とドアの小窓からしてオーク、シラカバ、アカシアの植林・林業をお薦めする。松とダークオークは暗くて見難いし、ジャングルの木は切るのが面倒くさい。アカシアはちょっと伐採面倒くさいけど、間隔詰めて植えれば割とまっすぐ成長するか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●マイクラ1.9をこれからプレイする人へ
糸2個手に入ったら釣り竿作って壊れるまで釣ろう。
修繕付き釣り竿が結構よく釣れる。
釣れたら最高、釣って得られる経験値で修理して永遠に使えるぞ。釣り放置の装置作ったら永遠に釣れる。サドルと名札釣りまくろう。
修繕付きの弓も釣れるぞ! 無限付きの弓も釣れるぞ!
金床でくっつけて無限修繕弓つくったら、1.9の剣で戦いにくい環境も遠距離から弓無双じゃ!
 まあスケスポトラップ作ったら弓も矢もそこで調達できるんだが

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●自作MOD

 
 
 
非公式フォーラムの立てるまでもないとこで公開
色にこだわった、光源ブロックを追加するだけだったけど調子に乗ってブロック追加した。
あとバニラ建材のチートほどではない救済レシピ 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 砂漠の寺院を解体してもラージチェスト一個の砂岩資源にしかならなかった。
 砂と砂岩が欲しい時は、砂漠に行く。足元の砂を垂直に掘っていくと砂岩が出てくる。砂岩を3個ほど下に掘る。ほった穴の側面を見て、上から砂・砂岩・砂岩となっている部分の、下の砂岩を取ってもその上は砂岩なので砂は落ちてこない。砂岩を取って空いた穴に松明を置く。その上の砂岩を壊すと上から落ちてくる砂は全てアイテム化する。これで高速に砂漠を解体できる。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●アイテム倉庫案
 
チェスト・トラップチェスト・チェスト
4段まではよく見えるから積み上げる。
チェストの真上に下付きハーフブロックで、チェストは開くしMOB湧き潰せる。
足元は木や石などブロックで置いて解りやすいアイテム。
床の所々に点々と作業台やかまども埋め込めばいい。
見やすさと面積効率は高いと思われる。
ところが、額縁や看板といったメタデータの多いブロックは重いとかなんとか。マルチサーバーでは避けたほうがいいのかもな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●よく動画で見かける全自動焼き鳥製造装置
 
 1.7.10~1.9にて動作確認済み
羽と焼き鳥がチェストに溜まる。
マルチサーバーでも大して負荷はかからない。
100とかふざけた羽数にしたら流石に重いかもしれん
20羽ぐらいにしとけば? 
なお、結構マグマでアイテムも燃える。
溶岩を水にすれば焼けてない生の鶏肉になるし、入手効率は上がる。食べるには焼く手間増えるけどね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●WIKIの小麦収穫装置を2つ連結したもの
 
 
 あれじゃ満足できないから2倍にしようぜ
単純につなぐと手前の8マスに水が届かないので、1マスだけ水源を手前に追加する。 
ホッパー7個並べてる。
上の水源は1マスで、通常ピストンを伸ばして止める方式。
ディスペンサーと粘着ピストンは使わないで済む。
SSのは15光源の場合で、これで全部成長する。松明で代用するなら天井部分に結構置かないといけない。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●ブレイズスポナー経験値トラップ Blaze Spawner Trap
Minecraft tutorial blaze xp experience farm 
このつべ解説動画のものを自分で作ってみていじった。
 

・材料
導体ブロック一杯
粘着ピストン&感圧板(8+6+4+2)✕4=80個
ブレイズ移送用レッドストーンリピーター(自由遅延)40個
ブレイズ移送用レッドストーン40個
ピストン2個
窒息ダメージ用レッドストーンリピーター(遅延4)25個
ボタン1個
赤石少々

 元素材で見ると
スライムボール80個 鉄82個 赤石330個
スライムチャンク使わないと辛いかな。湿地ならドロ増加剣が欲しいな。赤石は幸運ピッケル持ってブランチよ。鉄はこれぐらい余裕でしょ。

 良くコストが高いし面倒って言うじゃん。サバイバルだと作ってる間沸くからきついんよね。沸く範囲の部分に大量にグロウストーンやジャック・オ・ランタンを置いとかないと邪魔になるんだね。でもそれさえ置きまくれば余裕よ。

 1.7.10~1.9なら中に他のMOB沸かない。動画のホッパータイマーはわからんから単純なリピーター遅延回路にした。
 移送用の押し出すブロックは動画だと階段になっていたが、ガラスでやった。透過ブロックなら挙動は一緒。たまにガラスや階段で押し出せずに埋まる奴がいるので、押し出すブロックを導体ブロックにして、埋まった奴は窒息処分する方が安定すると思う。
 ゾンビ・スケルトンよりも経験値多いから効率出る。ただし、倒す所に立っててもスポナーから遠すぎて沸かない。溜める時用に上に登って近づく道を横に作ること。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●スケorゾンビ経験値トラップ
リンク先の解説ページがわかりやすい。
あとは落下距離のその高さは下から21.5ブロックです。』ってなってるけど20.5にしないと勝手に骨折死するから注意ね。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ●西瓜スイカ自動収獲装置

粘 着ピストンを使って地面の下から押し上げてぶち壊す方式は有名だと思うが、スライムブロックを集めるのはやってらんない。逆に直接、通常のピストンで上か らスイカを押しつぶす方式。この方式はレッドストーンリピーターも距離を延長するためだけに使うのでそんなに数も必要ない。水源も完全に隠せる。使う導体 ブロックも見た目を気にしなければ土でも石でも木材でも何でも良い。線対称に作ることでスイカがずらーっと並び、ボタンやレバー1回でドバっとぶっ壊す。 あとはただ真っ直ぐ前進すれば壊れたスイカを拾えて、苗は残るので放っとけば生える。とにかく作りやすく、後ろも同じ形を延々と繋げられる構造。
 スイカの条件、苗は水から4マスの耕地に植える。苗の上1ブロック分は空気。苗の横に普通の土の上の空気があればそこにスイカができる。苗には松明や日光で光照度8?ぐらい必要
なので湧き潰しも兼ねて上に松明を置くラインを作ってある。日光よりも松明の光で育てているので夜でも育つ。
 もう食糧問題なんて無い。むしろ塩をくれ。かけるから。

追記
 こんなめんどくさい形にする必要なかったことに気付いた。けどまあいいよねこれはこれで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★minecraft マインクラフト マイクラ クリーパー AA アスキーアート ぐぐったら見つかんなかったので作った

□□□□□□□□
□□□□□□□□
□■■□□■■□
□■■□□■■□ 
□□□■■□□□
□□
■■□□
□□■■■■□□
□□■□□■□□


□□□□□
□■□■□
□□■□□
□■■■□
□■□■□


[゜A゜] シュー…
 | ||
_□□]


下は拾い物 の1行
[°凸°]シュー…
 
[■A■]シュー…
 
A°]シュー…

A°]シュー… 
  
期待に応える匠は最初の土の豆腐拠点をぶっ飛ばしてくれます。私も初っ端から家も畑もぶっ飛ばされました。
  ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●マイクラ初心者のサバイバルシングルノーマル(ハード)のソロ1日目は夜になる前に何をするといいのだろうか?

真っ先に要点をまとめる。
原木叩き→木ピッケル→石掘り→石斧→原木大量入手→地下に引きこもる
敵が沸かない日中の間に、まず必要になる木を集めてしまう。1日目の夜には危ない地上にお別れして地下に引きこもる 。
木炭もある今は楽勝である。


・まず世界を生成するが、初期地点が砂漠や真っ赤なメサ地帯、孤島といった木がない場合は、とっととその世界は諦めて作りなおすべし。
初期地点の周囲、すぐ近くに木が何本もあれば問題なし。この世界でやっていこう。
・行動範囲はできるだけ初期地点近くで、初期は腹減ったら死ねばいいから食料も気にしなくていい。

以下、個数があるときは最低必要数

・木を殴って 原木3入手
・原木3全てをインベントリのクラフトで木材12にする
・木材4で作業台を作り地面に置く、すぐ壊すからどこでもいい(残り木材8)
・作業台開いて木材4から棒8にする(残り木材4、棒8)
・そのまま作業台で木シャベルと木ピッケル作る(残り木材0、棒4)
・ 作業台は殴って壊して拾っとく

木シャベルで足元の土を、石が出てくるまで斜め下に階段上に掘り進む。初めから近くの地表に石が出てたら、土を掘る必要はない。
・木ピッケルで石を掘り丸石3入手(この時ただの石以外の石炭や鉄が見つかっても木のピッケルで掘っちゃダメ)
・石ピッケルを作る(残り棒2)。もう木ピッケルはゴミ。一応燃料になる。
石ピッケルで石を掘り丸石11入手(この時は地上から階段で降りてこれる地下室を作るように、石を掘って空間を広げる。ここが第一拠点となるので初期スポーン地点に近い方がいい)。
・石ピッケルなら石炭と鉄を掘っても良いが、この時点では無視しておけばよい。
・できた地下室の隅に作業台を置く。
・作業台で石8からかまど、そして残っている石3と棒2から石斧を作る
 ・かまどは作業台の横に置く

・地上に出て石斧で原木を4つ取る。
・地下室に戻り、原木1つを木材4つに変える。木材2つで棒を4つ作る。
・かまどの上欄に原木3、かまどの下欄に木材2をいれる。これで木炭になる。待ち時間は石ピッケで周りの石を3個以上掘る。

・木炭3個できたら、木炭1個だけかまどの下蘭に置く。
・作業台で木炭2個と棒2個で松明を作り、地下室の真ん中に一本立てる。地下室が広くなってたら2~3本ばらして置いて明るくする。原木から棒、松明などは作業台なしでも作れる。松明は7*7の正方形空間の真ん中に一本でいい。
・ 垂直でも水平でも6~7ブロック進んだら1本は松明を置いて明るくしていくこと、これでこの地下には敵が沸かずに安全に引きこもれる。
・作業台で残っている棒2本使ってさらに石斧つくる。

・地上に出て、日が暮れるまで木を伐採する。一心不乱に切り続ける。
・順調なら日が暮れる前に石斧一振りが壊れるが、石斧1つ壊れるまで原木を入手したら十分。日が先に暮れても流石に原木数十個はあるだろうから十分。ここで原木を大量に入手するのはピッケルや剣、松明にハシゴと、とにかく棒が必要になるからである。
・夜になる前に地下室に引きこもるので、地下室の入り口は地表付近を地下から土で蓋する。土なのは死に戻りでも素手で壊しやすいから。昼間には地上の地下室入り口付近にいたモンスターも日光で死ぬようになっていること。

・地下に引きこもったら、かまどの下に先程木炭1を入れてあるので、上に原木8をいれる(これで木炭1個が燃料として燃え尽きるまでに原木8から木炭8ができる)

・これで一日目初日といえる準備段階はおしまいとなる。
実際、私が試してみた結果、地下に引きこもった時点でオークの原木を90個は確保した。木材なら360個、棒なら720本ぶんである。こんなに使いきる前に目的のレッドストーンは手に入るし、種拾って地下で小麦作ってもよかったかも。

・この先は危ない夜の地上は無視して、地下に階段を掘り進めていく。
・ (再掲)垂直でも水平でも6~7ブロック進んだら1本は松明を置いて明るくしていくこと、これでこの地下には敵が沸かずに安全に引きこもれる。
・そろそろ石ピッケルで石炭や鉄を入手できてくるので、石炭はどんどん木炭に取って代わって燃料や松明にしてしまう。鉄は鉄ピッケル、バケツ、ハサミ、コンパス(地図)、そして鎧などに使うのだが初期はいつ死んでもいいようにチェストに放り込んでおけばいい。
 ・レッドストーン、金、ダイヤモンドは鉄ピッケルで掘ること。レッドストーンを手に入れるまでは地下で掘ることを勧める。世界を旅する前に地図が欲しい。木材が足りなくなったら地上に湧き出よう。

・レッドストーンを見つけたら地上でサトウキビを探す。これを拠点に持って帰り、栽培して増やす。サトウキビは水源の真横の土または砂の上で成長する。
・レッドストーンと鉄でコンパスを、コンパスと紙で地図を作ろう。さあ自由に地上を冒険だ。
・この頃には小麦栽培も始めよう。ちゃんとした木の家を立ててみよう。たびに出るときは羊毛でベッドを作って持っていこう。持っていったベッドで寝れば危ない夜も飛ばせる。


・エンチャント
エンチャントテーブル (本1 ダイヤモンド2 黒曜石4)
本棚15個 (木材6 本3)✕15
→以上揃えるのにダイヤ2、黒耀石4、木材90、本46
→本=皮1+紙3、紙3=サトウキビ3、木材90≒原木23に換算して、
→ダイヤ2、黒耀石4、原木23、皮46、サトウキビ138
これだけ揃えたら最高Lvのエンチャ
めんどくさいのは牛殖やして殺す皮46なので、牛は拠点に連れてきて保護しよう。
 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
外国人のマイクラ動画がつべに一杯あるんだけど面白いはずなんだけど、英語がわかんねーんだよくそおおお
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎minetest マインテスト








  クリーパーハウスの設計図を見せてもらって作った匠のお家(大きいやつだけ)。ブロック数で770ほど。12スタックだね。といっても中は入れないんだけど。顔をアレンジして凶悪な魔神っぽく強化しました。夜の迫力が半端ないよ。帯電クリーパーはどうやったらいい感じになるのかな。星のカービィはおまけ。

◎minetest マインテスト
「Minetest JP Wiki」推奨する日本語のWiki
 http://minetest.wiki.fc2.com/
   2015/6現在wiki管理者が精力的でオススメ
   ※念のため言うが、私への利益関係は無い

 マイクラクローンのパクリゲーなんだけど、今はすごい進化してて、出来が良い。まだUIがマイクラに劣るけど、なにより無料。しかもマルチ対応。無料のオンラインゲームとなる。まあ、まだゲーム内単独では日本語チャットできないんだけど、別の窓からコピペで日本語も打てる。マインクラフトに興味があるけど、買い方に問題あるし、マイクラの無料版はテストにもならないって人は、とりあえずマイテス触ってみて、自分に合っているか試すと良い。マイテスにハマるような人は、マイクラに金を出す価値は大いにある。でも今となっては、MODが凄まじく進化したminetestで十二分かもしれない。開発も現在進行形だし、これから盛り上がっていく可能性はある。みんなもやってみよう。

 で調子に乗って変なテンションで私が作った紹介動画です。
動画テスト https://www.youtube.com/watch?v=fTpnS1Pp5Ck
マイテス紹介 https://www.youtube.com/watch?v=mhTAADHF2Kg


なんでも実況フリーダムでたまにマルチ鯖配信してた。避難所で鯖だけ立ててたりもしてた。

今は実況環境がふっとんで挫折してる/(^o^)\

THE IDOLM@STER その他二次元アイドル系とか?

ζ'ヮ')ζ<プロデューサー、この記事は、にわかアイマスファンの、暑苦しくて気持ち悪く、脈絡なく読みづらい自慰妄想文章で構成されていまーす。注意してくださいねー。

We're the friends if we like THE IDOLM@STER even if we have different languages.

※アイカツとLoveliveについては思い出したように記事分離した

 --------------------------------------
★はじめに 
 アイマスって何だろう? 漠然と考えてみよう。
 アイドルマスターは、まずキャラクターのファンになることから始まる。アイマスキャラそれぞれの1人目のファンは、我々プレイヤーである。そして1人目のファンがついた瞬間、キャラクターたちがアイドルになるのだ。そうして、キャラをアイドルにすることが、プロデューサーとしてのはじめてのお仕事ということなのだ。
 アイドルは1人ではなれない。自分以外のファンが必要だ。ファンからアイドルと認められることが大事だ。鶏と卵の話があるが、先にファンができて初めてアイドルになるのだ。その上で、側にいるプロデューサーこそが1人目のファンなのだ。これがアイマスにおける不思議な関係の根底にある。アイマスというコンテンツについて考える上で重要な仕組みだ。
 また面白いことに、現実のアイマスライブは客席にもプロデューサーが一杯である。改めて考えると奇妙で笑っちゃう。 リアルの仕事は副業で、本業はアイマスPなんて。
 でも、Pは味方だから、優しいからといって、アイマスはそれに甘えてはいけない。それは失敗してもトラブル起きても、Pなんだから当然フォローするけれどね。年末にミリオン2ndの音響トラブルに中川さんが触れてて、アイマスはこれだから付いて行くって思った。アイドルは前を向くもの。最高は塗り替えていくもの。前回よりもっと素敵なLIVEにする。
 アイマスキャラはライブに妥協しないので、中の人にもそれが求められている。声を入れて、歌って、ステージにも立つ声優たちは、言わば最も責任重大なプロデューサーである。役のアイドルに魂を吹き込むのは担当声優にしかできない。声優たちが本気でアイマスに向き合ってくれれば、それはダイレクトにアイドルに反映されるし、Pたちにも届く。
 アイマス制作スタッフ一同も愛と情熱を持って取り組んできたから、アイマスは愛されている。そうしてアイマスPからアイマス声優になってしまう方もちらほら現われて、素敵なつながりである。
 それと、アイマスキャラは中の人に引っ張られて、ディレ1曰く「似てくるんや」らしい。ディレ1は離れたが、まあもし私がセリフを書くとしても、中の人に引っ張られてシンクロしていく気がするし、そのほうがキャラも生き生きしてくると思う。
 またアイマスの中の人は、本性を曝け出したほうが人気が出る傾向にある模様。アイマスキャラは意図的に欠点やポンコツな部分を持たされていて、それが好きなPたちだから、中の人も変なぐらいが好印象なんだろうね。まあそもそも筆頭の中村繪里子が猫被ってる気はするけど。がっかりで残念でポンコツで変で厨二なアイマスキャラが好きだ。
 ただ、中の人をアイドル視しているわけではない。アイマスと無関係の仕事についてはなんとも思わないしね。春香が好きだけど、中村さんの他の仕事については全く追ってないから。

 ちなみに、私はアイドルは商品だと思ってる。だからプロデューサーとアイドルの恋愛は駄目だよ派。もちろん担当プロデューサー、所属プロダクションがアイドルから信頼されるべきなのは当然だが、それが恋愛になるようではファンへの裏切りである。戦友にはなっても、恋人にはなりえない。それに、昨今のアイマスは複数人並行プロデュースが基本。恋愛が成立するのは1人だけなので、そうなったら並行プロデュースは破錠する。アイドルとともにPも引退というおわりになる。それで良いと思う人はいるかもしれないが、私は受け入れられない。

 アイマスは割りと直球でアイドルの承認欲求を描いている。伊織・響・きらり・志希・仁奈・幸子・野々原茜・志保・桃子などが思い浮かんだが、もっといると思う。多くのファンに認められる存在になるって、私には想像できないこと。人間の一番大きな欲求は承認欲求とのことなので、ファンがいるというのは麻薬みたいなものだろう。
 --------------------------------------
 Beyond the Brilliant Future! → 輝きの向こう側へ!
 BEYOND THE STARLIGHT → 星明かりの向こう側へ

 ミリオンライブは武道館ライブでアニメ化発表するしか次無いよね。
→3Dゲーム化発表・・・なるほど。冷静に考えると、休業中の種田梨沙(田中琴葉役)の復帰を待っていると見るのが素直だろう。声優変更する気はないと受け取って良いと思う。復帰の目処が立っているのかも疑問だが、恐らく種ちゃん側から辞める希望などは出ていないのでしょう。アイマスチームとしても、声優変更なんてやろうもんならどれだけのPを失うかわかったもんじゃない。もし特にお熱な担当アイドルの声優が変わったらと思うとね。
 ミリオンライブは元のゲームを大事にするなら、ミリオンスターズ37人のみならず、先輩の765ASの13人も含めて、50人全員を出さないと、デレアニ以上に荒れるのは間違いない。しかも琴葉は正統派の赤の系譜に近い子だ。ないがしろにできないわなあ。現実にはAS組を出さないアニメ化になるかもしれないけど、そうなったら幻滅するのは間違いないね。
 声帯の症状って噂だし、調べると原因も曖昧な難しいものらしい。焦っても仕方ないことだもんだから、種ちゃんは責任感じる必要もないし、改善を目指して専念するのが良いでしょう。どうやら復帰へ向けて歩んでるって話も聞こえてくるし、恐らく長台詞や歌といった喉に負担をかけるような仕事を休んでいるのでしょう。ミリオンP、ミリマスファンは焦らず見守り、復帰される時には暖かく、おかえりと迎えましょう。

 SideMでもし涼の声優変更してたらとんでもなく叩かれてたと思うよ。というか私もそこらじゅうで叩くよ。当然続投しかないから。声優の意志で辞めるなら仕方ないけど。あと、ワケ生で全国の愛ちゃん絵理ちゃんっていいね。そういえばDSはPじゃなくて本人視点だったね。
 SideMがミリオンより先にアニメ化、これは上でミリオンについて書いたように、今はその時だって言うだけでしょう。わざわざガミPもアニメ化発表でミリオンについて触れたのは、当然のように出るだろうミリオンアニメ化の意見をわかっているからでしょう。おそらくバンナム的には、同時に二つも
メイン級のアイマス系アニメをやっていくマンパワーが確保できないのでしょう。下手なアニメ化したらせっかくの大一番のアニメ化がマイナス効果となってしまう。アニメ化は結構な大勝負ってことです。ここでのSideMだって相当な大勝負に出るわけだ。声優のプレッシャーも相当だと思うよ。アニマス、デレアニと先輩方が熱演を見せただけに。

 シンデレラガールズ。キュートは愛が重くて腹黒恐ろしい。クールはギャップ萌えでかわいい。パッションはあんまり裏表なくて癒し系。

 ああああ奈緒可愛いんじゃあああ後ろから奈緒可愛いねって声かけて振り向いたら瞳を直視して可愛いって連呼したい。今度の衣装だよって可愛いの見せたい。もう奈緒キュートでいいよね。どこがクールなんですかねえ。

 デレステラブデスコミュの壁ドン、あんなもん良いと思ったのか糞ライター、バンナムもチェックしたのか? Masque:Radeの中に特別好きな子はいないけどさ、格段にPに一途で通ってるまゆでやることじゃねーだろ。だいたい李衣菜の「やってみよっか」って何? 李衣菜もキャラ崩壊してんだろ。舐めてんのか。アイマスはキャラゲーでしかないのに大黒柱を公式自らへし折りに行くってお前自虐ネタにしても下手すぎんだろ笑えねーよ。
 BEYOND THE STARLIGHTでもわざわざ壁ドンを直に言及するとか、デレステって2次創作だったんだな。糞ライターよりずっとましな2次SS作品だって、幾らでも探せるだろうよ。

 --------------------------------------
 oi,misuおい、ちょ、え、まてよ、もしかして、春香ソロの99 Nightsが出ないっていうの? ほんとに? 嘘でしょ、春香が一番合ってたでしょ。贔屓目すぎるか? ねえまじなの。フェチ川氏だかガミPだかディレ1だかにお願いしたら出してくれるの? 何万も出すよ? 雪歩とあずささんも出して、ねえ頼むよ。99 Nightsは稀に見るティンときた曲なんだよ? 
--------------------------------------
デレアニ適当に書いていくか

 何周か回ってデレアニに感じた疑問がわかった。竹内Pと辛うじてまゆPが出たぐらいで、他のアイドル担当Pが全く登場しないことがひっかかってた。 ゲーム中ではPの自分に話しかけてくるアイドルとの関係があるわけで、アニメは会話の片方がいない状態なんだ。奇妙に感じたのはこれだな。別に声当てなくていいから他のPだって全力だって姿を、劇中に映して欲しかった。
 赤羽根Pは22~24歳だろうけど、武内Pはどうだろ。アイドル部門が新しいって2~3年かな。その間にアイドルが去ってしまったと。でもCP大所帯を任されるだけの実績はあるはず。アイドル部門以外の実績もあったのかもしれん。30歳前後かなあ。

★1話
早速なんか泣きそうになる
いやあちゃんとP出したこと、よくやったな。Pの描写から逃げちゃ駄目なんだよ絶対。アニマスのバネPの経験が役に立ったね。すごく好印象で、でもバネPとは違う感じのPが出てきて期待あげ。
卯月の可愛さ、笑顔描写の力の入れように驚いたわ。そりゃ惹かれるわなPも。凛に振られて、卯月の笑顔に目を見張るあたりはすごくいい。これはプロデュースしたくならざるをえない。
凛めっちゃ美人描写だなおい。かっこいいし美しいし惚れるわ。不器用な感じが好きだわ。
卯月の笑顔見るにつけPの申し訳無いもどかしい感じがダイレクトに私に伝わる見事な演出だった。ぱっとみ使い回し時間つぶしみたいに見えたけど、あれによって進まない現実というのかが感じられた。凛もつまらなく滞っているみたいでシンクロしてたのかも。
肯定的色眼鏡だけどデレアニは間違いなくクルぞ。
きっと私の期待のハードルを越えて心に残る作品であるとわかる一話であった。声、音楽、絵、裏方含め制作陣営ありがとう応援してる。
卯月と凛に絞り込んで一話はあっというまに進んだね。アニマスを思い出すような演出ってほどでもないかな。いきなりもうデビューしてるメンバーのおねシンのダンス入りOPあったし、アニマスの挑戦的な一話よりはキャッチーに作ってあった。正直アイマスチームとしてもデレアニは勝負だよな。アニマスも同じだっただろうけど。でもアイマスには強い鍛えられたPたちがたくさんついてるんだよな。その点で不思議なコンテンツだよ全く。あとはデレアニ大健闘からのミリオンライブアニメ化まで行って欲しいなあ。いやそれよりもどっか付随してそろそろ876チームを押していってくれないか。いやあ876はもう新展開ないって話だし、うーん。876の物語あれっきりなのはもったいないよ。素敵なストーリーなのに。これぐらいにしとこう。
ただ、ベンチから立ち上がった卯月の作画崩壊してるみたいだから、そこは作りなおしたらいいと思った。はい。

★2話
OPいいよなあ。ED絵もいいなあ。まだまだ始まったばかりの感じ。序章だね。アニマスもアーシャ撮ってたし本当にアニマスを受けて構成が練られてるんだな。 しかしメインらしき14名に加えて大量のシンデレラガールズ、どれだけ描写していけるのか。どれだけ新たに声がつくのか。新曲。製作陣がんばれ。

★3話
てっきり失敗話持ってくるのかなと思っていたが、アイマスは失敗ステージは描かない方向なのかな? アニマスでは千早の声が出ない演出以外にはなかったよね。 つーかだいたい卯月可愛すぎるんだが。ところで、3話の作画ちょっと崩壊気味だったんだけど、全体的に、もしかしてもう息切れしてる? A1過労すぎなんじゃね? 不安になってくるわ。
 アニメって円盤で修正する必要ないぐらいに全部完全に作り終えてから放送するわけにはいかんのかねえ。未央がただ明るく元気でうるさいぐらいってだけの子じゃないあたりも3話に来て見せに来たか。1話で3人の描写に随分差がでたしここで合わせたかな。あとみくにゃん出しゃばり過ぎわろた。みくにゃんがひびきんポジかな。智絵里が雪歩ポジ。いやまあ765と比べ始めると邪推だしやめよう。Pの描写がどうなっていくのか、Pと既にデビューしてる組との過去があったのかとか、Pと卯月たちとの関係とか。見どころだね。
 改めて見ても作画崩壊やばいね。円盤でもやばいってこれ全修正しなかったんだ。

★4話
遂にPが笑った。ただし、ちょっと吹いただけの上に表情描写なし。まだPデレラはお預けっすね。それにしても、李衣菜と蘭子は見てて辛いんだが。痒くてもどかしくてこっちが恥ずかしいからやめてけろ。子供組は対応に困るなアレ。みくにゃんの猫かぶりがちょっと伊織に被ってる。これでみくのかっこいいところも出てきたらいおりんやないかーい。こうしてみると卯月ってよくわからん子だな。デレアニで卯月の掘下げが一気に進むだろうし期待。蘭子は後で解説入れたんだろうか。

★5話
いいぞよくやった! 逃げずに真っ向からよく描写してくれた。そりゃあ不安だよなあ。このままデビューできないかもしれないとかさ。自分だけ置いてかれるとかさ。痛いほどわかる見事な描写。みくの演技も最高だったにゃ。しかしアイキャッチみたいな扱いの杏おいしいなおい。実は杏がハム蔵枠だったのか。あれ卯月の母の声優が載ってなかった。Pの口下手というか説明不足ひどいぞ。ほんと早く言ってにゃ。かわいそうじゃないか。おまえが担当の子たち不安にさせてどうする。おまえは安心させてあげるべき立場だろうが。デレアニはPにもかなりスポットライト当てていくんだな。まあ思い返せばアニマスのバネPだって結構キャラ立ってたけど。バネPとは変えようという意思は感じられる。
緒方智絵里の誰か1人でもってのはアイドル真理に近くていいね。

★6話
臨場感あったわ、ステージ始まるまでの5人の緊張感がひしひし伝わってきたわ。見てらんなかったわ。私はこんなに感受性高かったのかってぐらいきつかったわ。まじラブライブ3話じゃないけど客いないパターンやられたら泣くかもしれん。未央の浮かれすぎと卯月のあせりが危なっかしい。卯月は2人のフォローで乗り切ったが、未央はそのまま。友達来ないってのもありか。ステージはラブライカが初ステージを成功させるのと対比させていた。いやニュージェネのステージが失敗したわけじゃない。ニュージェネは初ステージで美嘉の高すぎる下駄履いていたせいで、落差を食らったんだろう。人間はただ落とすよりも、上げてから落としたほうが精神にくるもんだ。初対面の人に嫌われても大したこと無いけど、友人に嫌われたらきっついでしょう。Pについては、物は言いようってもんで言い方があるよなあ。まず知名度が無いんだから、ライブすることも、どこでやるかも、時間も知らない人ばかりだ。そんななかでもステージを目にして足を止めてくれた人がいた。拍手してくれた人がいた。初ステージとしては上出来だし、当然のものなのは事実。なんなら、これぐらいでアイドル辞めるなんて言い出した未央は勘違いも甚だしいし、芸能界甘く見過ぎだし、現実感無さ過ぎるんじゃないの。もしかして未央って事前のアイドル知識が全く無いのかよ。李衣菜がにわかロックとか言われてるけど、未央もにわかアイドル知識じゃん。でも待てよ、これって美希でも見たような話だな。何歩か先をいって、ファンの前でステージで輝いてる竜宮小町や城ヶ崎美嘉を見て、自分もすぐそうなれると思い込み、勘違いした。それに思春期は感情の変動が激しいとも言うし。うーん、デレアニ冒険するね。序盤に重いの持ってくるね。いやなんか私はちょっと未央に感情移入できないし、むしろ当然と言ったP側の考えなんだ。でもあの言い方はないわ。それにPは本心で思ってることがあっても言葉に表現できていない節があるからなあ。今回のPはきらりや蘭子と並ぶほど癖つけてきたな。いいぞもっとやれ。まあメタなこと言ってしまえば未央がアイドル辞めるわけないんで、それはそうだけど、どうするのかが製作陣の見せ所、下手なことすると評価落ちるような話に挑戦してるあたり見ものだ。ところで私が厳しいこと書いてるのは、そもそも未央のことがそこまで好きじゃないからかもしれない。色眼鏡かかってないからだろうな。別にアイマスで嫌いなキャラとかいないけどね。李衣菜がロックって言ってるところは痛々しくて見てらんないけどそれは別の話だ。しっかしほんとステージの観客のまばら加減というかリアリティありすぎたね。それと最後のシーンでは未央と凛の表情が見事だった。どこまでP不器用なんだろうね。善澤さんは汎用性高過ぎるでしょ。これは765メンバーが声付きで描写されたり346組と会話あってもいいぞー。だいたい765組だってシンデレラガールズなんだし。そういえば劇場版ではミリオン勢を出したわけだが、ミリオンのアニメ化展開に次はありうるのか? シンデレラ大成功したらミリオンもやっとくか? でもミリオンって765プロ所属なんだよな。どうすればいいのかねえ。シンデレラよりはキャラ数少ないしアニメ化できそうなもんだけど。それでも多いってやばいな。あれ? アイマスキャラの人数やばすぎ?

★7話
 貴方1人の問題ではってお前それ禁句だろ脚本ふざけてんのか殺意覚えるわ、何度見てもここマジギレしちゃう。脚本は高橋龍也じゃん。アニマスでも主要脚本だった人じゃん。どうしてこう言わせたんだ? そりゃ未央はプロとして自覚すべきだろうけど、それでも未成年だしPは大人として守るべき立場じゃねーのかというかお前が追い込むんじゃねーよ。それらしい描写も上司の転機だっけかの言葉も伏線だったけど過去にアイドルダメにしたPだったわけね。ラブライカはあのステージに対して素直というか当然の受け取り方、相応だったんだ。そういえばPだってニュージェネを美嘉のライブに出すのは時期尚早って言ってたけど正解だったんだなあ。無能Pじゃあないってのはわかって良かった。
 春香の家にはバネP行ってないのに卯月おいいいいい武内Pこのやろーおめー。武内Pは心の風邪なんだよ。卯月や皆が溶かしてあげれるのかな。雨で走りだす描写が好きなのかい、劇マスでも使ってたし。なんてこった俺が前回の感想に書いたことそのままの説明じゃん、俺もPとして少しは自信持っていいかな。お客さん、ファンの人数じゃないんだよ。一人でもファンが付けば、その時から君はアイドルだよ。卯月がちゃんとマスク付けてるあたり制作スタッフ評価するよ。杏だけ表情拘りあるんだな。うわあああはあ美嘉可愛いいいい株上がり過ぎなんだが。フライ・ド・チキン! うん特に文句なしにまとめてくれてほっとした。

★7.5話
アニメでやっちゃいかんことのひとつ、まとめ回やりやがったけどそこはアイマス、少しだけ声優出して頑張りました。見どころは武内Pだな。高校生とか嘘ばっかりだな。そりゃ飲み誘われても仕方ないな。内容とか進展は別にないし、まあ、まさかの蘭子回もう来るってところか。 デレアニって25話構成か? ここからならシンデレラプロジェクト全員分の話は作れるけど、それだけじゃ終わらないよな。さてどのように多くのキャラを魅せていけるかな?

★8話
蘭子メモとかP頑張ってるわ。俺なら結局翻訳できなくて困り果てそうだな。まあでも外国人とコミュニケーションしてると割り切れば、身振り手振り表情で大雑把にはわかるか。あからさまにホラーはダメと。闇の眷属とかって吸血鬼設定じゃないのか? 魔女? おh、たまに髪伸ばしたりしてるのグッジョブ! びっくりしたときの変な声いいねえ。堕天使か。なるへそ。これもギャップ萌えになんのかね。最後のPの言って下さいのトホホな言い方良かったよ。8話、癖強い蘭子をかわいく魅せてたね。次はSweetで三村かな子か。

★9話
開始早々にもうデビューまで飛んだか。杏カメラ前ではちゃんと仕事顔。なんでやねんロボ。みくのボディラインなんかエロイよ。未央とPすっかり良い関係っぽい。ゲロゲロキッチン思い出すね。KBYDってアルファベットならいいけど読んじゃうとひっでえな。幸子イタタキャラ見てらんないっす。微妙な作画崩れが瑞樹の足に。瑞樹さん恥ずかしがってる。あれ? この崩れ気味ハートって例のライブの件じゃね? 未央こっちみんなこわい! 愛梨って毒舌系か。杏の看板みたいな張り付いた笑顔こっわ。かな子の幅ミスってないか絶妙なぽっちゃり体型描くのきつそうだな。観客にエセ碇ゲンドウいるう! コロンビア! もいる。杏顔だけで全然空気入れてない。響思い出すバカ顔の姫川友紀。1人で勝ってそう。かな子の素人っぽくないリアクション芸。あいりなんだそのエロ銃。ポンコツ流れてる~再録してある? 杏は味方を売ったツケ食らう。そりゃ近すぎるわ。しかし痛くもないのに倒れるプロ。外野フライキャッチしちゃダメだろ。運◎かな子。感想でおいしいは100%先読み可能! 杏w私www服wwwwwwwwwwwぶっこんでいくなおい。杏のネタインパクトはやばいけど、まあ小早川紗枝の圧勝。バンジーへの反応が君ら真に戻っちゃてるけどいいのか。を、遂に息合ったか。こんな心配になるグループで大丈夫かと思ったが、もしやそう思わせるのが武内Pの狙い。おうP笑う、ってか一安心か。破顔するのはいつかな。まだだったよね。番組を終了させたwwwwwwwwwwww。おっ冬馬。えっ杏? えっ杏? 花言葉きたぞもってけ! 杏はボケもオチも持ってくのか優遇乙。練習の成果出たな。なんでやねんが本編とも繋がったいい感じの歌きたな。次はjoyか、李衣菜かな?

★10話
みく可愛い。今回の表情いいな。客の集まりの妙なリアリティ。並ぶと凸になるのか。Pもちゃんと意見言うようになってよかった良かった。アイドルとPが一緒に歩んでこそアイマス。莉嘉はセクシー系の言動しても可愛く見えないといけないから地味に難しいかな。闇飲までみりあの目線おかしいよ。きらりいいお姉さんだった。歳相応に不安になる部分も出てた。きらりは周りが見えてて優しい子だな。城ヶ崎姉妹が好きなのか脚本は、生き生きしてていいな。美嘉出るたびにお株上がってくわ。みりあが純粋で良い子すぎるのが逆に気になるわ。Pは離れて歩くの失点だね。莉嘉の言うとおり逆に怪しくて、同じ補導繰り返す。近くにいれば、きらりが説明してくれただろ。武内Pダメダメ。蘭子打ち解けてていいなあ。もう天使しかいない回だな。EDラストのスマイル絵めっちゃいいなあ、個性出てる。武内Pの成長物語かな。李衣菜は11話でみくと一緒ってことか? みく出し惜しみするなあ。組み合わせに難航したか? みくも李衣菜もソロは心配なんだよな。ところで安部菜々のライブシーンあくしろ。

★11話 
ネコミミロック。言動の息ピッタリやん。曲の好みもピッタリやん。リアルすぎる電車広告。電車内のマナー悪い子。みくよろしくジャーも沸騰にゃ! ユニット名まだだったのかよ。大騒ぎしないでください^^ めっちゃ頑張ってる。単純で直情的で一直線で素直で熱いロックな2人だね。まじであり得る広告乙。ため息ピッタリ。余ってる2人だからってあえて言わせるのか偉いぞ脚本! Pそこはしっかり言った! そうだぞ猫好きっていうロックなんだぜ李衣菜! 画鋲だめだろそこは非常識ちゃん。朝はや! 目玉焼きには醤油だな~。 みっく生活力あるにゃ! うわ、風呂シーンかわいい! みく良いお姉ちゃんかよ。李衣菜はめっちゃミーハーやぞ、気づくの遅すぎやで。ロックは言い訳! というか、ロックは何でもありなんで。李衣菜! 料理できんのかよ! しかもカレイの煮付けとか! 女子力高い2人なんじゃないの! 好感度上がってくわ。しかしみくは匂いで気づかないのか。魚嫌い知らんかったのかよ。ほんとに一緒に生活して正解だったな。莉嘉に感謝しよう。みっくの飴の渡し方可愛すぎるにゃ! 反則にゃ!! 辛いの嫌いなのかよ!111 「ロックだと思ったらそれがロックなの」真理きたわ。形から入る李衣菜ちゃん頑張ろうね。みくはズバズバ言ってくれる子。を、チャンスに覚悟したか。おおおそうか好きなモノが一人ひとり違うのか。ここでその曲がドンピシャなのか。ティンときたわ! みくの制服姿うおおおおお。眼鏡なんだ。学級委員みたいにゃ。魚の見た目で甘いたい焼き。これはみくが広告になるべきにゃ! 毛布かけてあげる美味しいシーンみっく良かったなあ。歌詞どうなるんだこれ。ん? ユニット名未定かと思いきや、*Asteriskなんだね。ネコミミヘッドフォン売れるかな。即解散。11話の出来は最高でした。まじデレアニあるうちは生きる気力が湧いてくるわ。つっか今気づいたけど私はみくが好きだ。
見なおしても、デレアニ1期のベスト回は11話で決まりだにゃ

★12話
いきなり止め絵で尺稼ぎか? 杏の胡座いいな。OP明け使い回しかよ稼ぐなあ。みりあいいな悪気ゼロな上に美希以上に憎めない。というかむしろ美希はトゲあるな。がんばりますロボ。今度はどんなステージでもとか言っちゃうからまた未央は叩かれちゃうのに、脚本わざとやってる? 未央そうゆう子なの? みくかわいいんじゃくそが。きらりが美波に言い出す時の目の動き秀逸。言おうかどうしようかの、アーニャまーじ優しい子。ってかだいたいこの子たち優しい子揃ってたわ。天使しかいないのか。ラブライカいいいぞお。蘭子心の声きたぞ。蘭子に焦りか振りが早いな。美波の覚悟。っつーか色々とアニマスや劇マスのシーンと合わせてるから、そっち見てる私らにはわかりやすい展開だな。ユニットの団結と、これだとユニット対抗、競争になるけど、全体曲の結束とどうかけてくるの。ってか三人四脚で杏浮いてるよなこれ。みくってお尻ちん担当だな。誰だよみっくのお尻に力入れてるスタッフ。おhススメオトメいいね。お母さんできらりっておい。叩いたら負けだと思ってる人おい。莉嘉のバランス感覚すごいぞ木も登るし。お尻ならかな子TOPなのか? みくと戦え。杏は体小さいし悪知恵も働きそうだし軍師なれそう。堕天使の盾つよい。円盤では下着透けるんですかね。大縄とかベタやなー。わかったよね。アイマスはスポ根なんだよ。ギャルゲしゃないんだよ。萌えアニメやら萌豚歓喜やらブヒ勢は何か違うってことだね。いや別にそうやって愉しむのは勝手だが。蘭子遂にデレる。へえ、デレアニは卯月じゃなくて美波にリーダー持ってくるのか。でもなんというか確かに春香と卯月は違う感じあるな。赤だけどその点はちょっと違うのかな。君たちの次なる向こう側へ。ほんと劇場版踏襲やな。デレアニはアイマスのアニメは描きたいところはじっくり描き、飛ばすとこはぶっとばすのな。ユニット結成の流れはニュージェネとラブライカは時間かけれたけど他の子は割と省略あったし。Asteriskは丁寧だったか。そんなこんなで、次はライブか。

★13話
346のアイドルフェスだから先輩面子も一緒なんだね。美波が心配。って明確な描写から非情に叩きつけてくるな。ここまで見てた人なら納得だろうけどアイマスって光も影も出すから。蘭子デレデレやないか。さっすがきらり、心強い。ちらっと黒い雲映ったけどやっぱ降るのか。各ユニットも止め絵映すぐらいなら動かして欲しかったけど、予算なかったか。いや待てよ円盤なら止め絵なところが全部動き追加される可能性が。GOINでワン・ツー・スリーからのファンのフォーのすごくいいね。おっとEDで2期に繋がらライバルPかな。凛に惚れる。あー一話でスタンド届けてたの凛だったのかよ。あれ卯月スタッフだったのか。むしろ書くことはないな。2期はよ

ところでNomakeさん、 本 編 で や れ ! 卯月に関して超重要な話3回ぐらいあったよな。おいアニマスでもそうだったけど尺足りなすぎんじゃん、Nomakeずっこいぞ。まじ卯月回Nomakeでやってんじゃんどうなってんだよ  本  編  で  や  れ

アニマス・劇マス・デレアニ、どれも全部作り込みがすごくて何度見ても発見ある。もちろん相当な色眼鏡でアイマスを見守っているってのもあるけど、それでも素晴らしい作品だ。まだ見足りないと思う。あらためて他の人の感想も探しつつ見直そうかと思う。
アイマスはPの数だけ、アイドル像がいる。例えば同じ春香でもPによって印象が違ってるなんてザラ。だからアニメ化って相当シビアなラインを作ってると思う。Pを出すのも、どれだけ難しいことか。
それでもアニメではPを出した。なぜならアイマスにとってPはとても重要な存在だから。Pを出さずにアイマスを表現するのは不可能といっていい。アイドルとPの二人三脚。Pはアイドルの支え。アイドルを後押しする役。アイドル自ら輝くのを助ける役割。
765や346はあくまでもアイドルの自主性を尊重してる。対して961はアイドルを駒のように扱うわかりやすい比較対象になってた。アイマスの本質はもちろん765や346にあって、あくまでも「Pの力でアイドルをトップアイドルにする」っていうことではないと思う。
武内Pも7話で、一緒に探しに行こうって凛に言ったから、あのとき彼はプロデューサーになったんだ。

※コメント削除してしまってから別に載せればよかったかと思うんだけど、この感想読んで私が武内Pアンチだと思ったようだ。勘違いも甚だしいんだが、そのように受け取った人もいる文だという事実は認めないとね。だいたい気に入らない意見に対してはアンチとか決めつけて短絡だね。それでもわざわざコメント残してくれたのに、私も短絡的に勘違いコメきてるけど削除でいっかと消してしまったわ。同じバカなら踊らにゃ損損。
--------------------------------------
 ★14話
基本的には娯楽回と当時に、ガンガン新声付けてきて楽しくなってきたね。どれだけの子に出番を与えられるだろうか。全部門白紙、統廃合の件だけど、私はプラスに捉えてる。アイマスって色んな組み合わせのユニット組むゲーム何だから、アニメで様々な化学反応を見せてくれるなら本望だわ。超期待。

 ★15話
なんというか、シンデレラプロジェクトメンバーは固めたままなのか。でもこのまま、まとまったままじゃ、悪く言えば物語が作れないよね。噂されてるように引きぬかれてトライアドプリムスとか。頑張りますロボのまま描かれていない部分を秘めた卯月、そして止まった時計。さてどれほどの時計仕掛けをもってして私をデレアニにのめり込ませてくれるかな。
高垣楓がファンと一緒に歩むといった姿勢は、私もアイドルに思うところ。ファンが先にある。ファンがいるからアイドルなんだ。誰かファンににとってのアイドル、相対的な定義だから。これもアイドル論の核心だね。
こんなある意味根幹のような話を2話に持ってきてしまってこの先の展開どうすんだ。

 ★16話
やっぱOPは卯月の不安要素が目立つ
そしてうさみん曲おめでとおおお
はあみっく可愛いんじゃ
おおお楓回の次はうさみん回ってことなのかああ
芸人しかおらん
ぎっくり腰でもしたか?
李衣菜には良い目標というか先輩がいるじゃあないか

はああん感想書けない

キャラが大事というか、キャラを大事にしようとして賢明な子を応援したくなるのである。別にみくにゃんだからとか、うさみんだからとかじゃない。その表現にブレがなくて芯が強いことに意味がある。そしてギャップ萌えも生まれる。今どき、100%の偶像を見ているファンなんていない。キャラ付けも、そうではない素の自分も、全部含めてその子の魅力につながっていくはず。そんなことを考えると、田村ゆかりは実際の所、どこまで行けるのかと思ったり。もうファンも誰だってゆかりんの素顔を知った気になってると思うし、別に気負う必要も無い気がする。でも彼女は恐らく相当高いプロ意識、プロ根性を持っていて、きっと真面目で責任感もあるのかも。

いいぞ~デレアニ。ハードル超えてきてるぞ~さて今度は何話で視聴者をぶちのめしにかかるんですか?

 ★17話
見ていて不安になるのはどうしてだ。どうしてもアニマスの2シーズンの千早や春香の暗雲がつきまとう。
このままうまくいくわけもないし、卯月の心が止まる事態が起こるとわかっている。見ていて怖いけど最後まで見る。
制作スタッフも見る側も、アイマスに関わる全ての人がわかっている。デレアニを作ることがどれだけ大変か。
全てのPを納得させられる作品など作り得ないぐらい、多種多様で底知れる愛を持ったP達に届けるデレアニ。

城ヶ崎美嘉のシューズの磨り減りが尋常じゃなかった。あのカットだけで凄まじい努力とプロ根性が見える。竹内Pもカカトめっちゃすり減ってる。
ミーティングシーンの話し方見ると、美嘉Pは真ん中の女性? そうなら捗るなあフヒヒ★
 櫻井桃華だけでもニヤけるのに、とときら学園見てたらずっとうぇひひうぇひひになるだろーが!  
 やっと描写不足だったみりあに焦点が当たった。上の子が通る道だね。寂しいけど仕方ないことだね。
城ヶ崎莉嘉はガキだった。というかあの男子どもそこ代われよksg。許せねえ。この糞ガキども莉嘉で抜いてるわ。
ああ、みりあは寂しかったんだね、親に褒めてもらえないのって悲しくて寂しいよね。
同じ想いを味わったから痛いほどわかるよ。何でこんなに心揺さぶって来るのアイドルマスター。
どこまでも萌え豚どもを排除する姿勢、媚びない姿勢、貫き通してくれ。
だからアイドルマスターに惚れ込んだんだよ。
あんきらああああああああああああきらりはきらりじゃんっておまえデレ過ぎだぞぼけえええええ
たぬきみりあああああああああああああああああああああふぁあああああああああああああああ
笑顔の力、人を笑顔にする力、笑顔になった人は彼女たちのファンになる。
その時、彼女達はアイドルになる。アイマスがこの一本筋を守り通す限り、私もアイマスと歩む、駆ける。
美城常務について評価を下すのは早過ぎるんじゃねーの。それに常務がアイドル部門のあり方を変えるというより、メタ的に脚本が物語を動かす上で必要な役割を、美城常務に与えたに過ぎないでしょ。アイマスを見てきて、アニマスを見てきて、デレアニ1期が終わって、2期が順風満帆に行くわけがないことぐらいわかるっしょ。シンデレラの舞踏会が失敗する尺が取れそうにないから、崩壊しかけるも皆で支えあって(たぶん卯月の手を引くOPのシーンが意味する所)成功するんじゃないかな。それとも、もっとメタ的に見れば、劇場版ありきで物語が構成されている可能性も。いやー別に3クールにしちゃってもええでー。
改めて見直すとみりあの、黒沢ともよの演技がずば抜けてて痺れるわ。デレアニ2期のベスト回は17話で決まりっしょ。

★18話
杏仕事顔、ぱっと見親子wwwwww
既に結構な緊張の智絵里に対して心配顔のかな子、そこへ杏が手助け、素直な返しが逆に良かった流れ。
OP何度見ても意味深なんだよな~笑顔のチカラ、胸の中にあるはずものが卯月には無くて笑顔を失っている。
きっと、卯月から笑顔が失われるときが来るのだろうか、それとも偽物の笑顔が現れるのか。
さあ、どうくるのかねえ。
彼女たちの笑顔が見る人、つまりは我々に届いて笑顔にさせることが目標。
ちゃんと杏そこにいて話聞いてんだwwwwwwwww
おおっとあんきらんきんぐとかwwwwwwwwww流石にあんきら使うよなあ
予定全然空いてる~と思ったけどこの子たち学生だったわwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
忘れがちなんだよなあ、何時以降は仕事しちゃダメとかあるし、限られた時間をうまく使わないとだから大変だな実際。
キャンディアイランドは杏が要になってたんだなあ。
こっちが窮屈になった・・・か・・・
あーにゃん天使かよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
おおっと? その飴は明らかにキャラメル・・・まあアニマス見た人が何を思うだろうか・・・
ほんとアニマスは少年漫画で、デレアニは少女漫画なんだなあ
きらり? あんず? はああ? はあああああああああああああああああああああああああああああ
ふぁあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
瞬間風速最大を記録しましたああああああああああああああああああああああああああありがとおおおおおおお

きた! 職人さんが笑顔になった、良い器だ! 智絵里とかな子もアイドルの器だ!
ちょっとあんきらシーン周回するわ
ふぁああああああああああああああああああああああああああああああああああ
調子に乗るのはいいとして、職人が笑顔になったシーンが18話で一番大事だってこと、これテストに出るから。

「アイドルは前を向いてるもんです!」なに幸子の癖に生意気だ! 嘘ですその通りだよく言った感動した幸子はかわいいなあ。よしよし! ここでもアイマスのアイドル論の核心を持ってきている。

ふとデレアニに言えることは、武内Pや美城常務について描写する尺があるならその分アイドルたちを描写しろってことなんだよ。せめてアイドルたちを通して武内Pを見せるぐらいであって、そんな暇があるならアイドル幾らでもいるんだから出して欲しいだろ。この作品がどれだけチャレンジしているか皆はわかってるけど、そのハードルは当然超えてくれるものだと信じざるをえない。

かな子って幸せの権化なんでしょ。智絵里にネガティブやらせるのはわかるけど、かな子にやらせんなって意見は当然だわな。そういえばアニマスでもやよい改悪すんなって意見あったな。

★19話
李衣菜いたすぎて見てらんないぞどうなるのこれ
何も書けない
ああああみくの正妻感
にわかばれてるうううそりゃそうよ
にわかロックのライブシーンでの表情の力の入れようやっば、そしてみくにゃん可愛すぎてそこだけ何度も見直す
いやはやもう抜群に良い表情してるんだよ目を見開いたわ見たかよあのみくの表情の素晴らしいことったらないわ
最高に良い脚本だったわ
EDの4人が手を合わせて*の形になるシーンでやられた感じあるな
OPで手を繋いでなかったアスタリスクが手を繋いだ瞬間見たかよ
これおそらく次回以降のOPで手をつなぐVerに変わるぞ

卯月が解散に敏感になってるのはトライアドプリムスがぴったりだったからNGに不安持つのも当然だろうな

さて、アニマスでは千早回だった20話が来るぞ、どう考えてもトライアドプリムスが来る。迷うしぶりんに対して卯月が後押しする形になるような気がするのだが、はたしていかに。

メタ的にそろそろ物語に起承転結の転を持ってこないといけないでしょ? そして1期で本田未央についてはほぼ終わってるから、渋谷凛と島村卯月を主軸に持ってくるのがセオリー。

でも、その前にまだラブライカと蘭子回が2期に来てないような気がするのだが? 19話にそれを持ってくるものだと思ってたらここにきてだりなつプッシュが入ってきた。ラブライカと蘭子は1期のラスト周りで持ってきたからもういいってことなのか?

これ26話まであるのか? 最終回はライブとして、その前に卯月回が来る。卯月の笑顔が消える回が来る。凛回がある。うーんもう尺が無くないか。

さーてガンガンハードル上げて行くぞかかってこいよデレアニ。

★20話
ビジュアルに偏ってませんかねえ?
来ましたTP
常務ビジュアルに偏りすぎてません?
うーんOPのみくりーなは手を繋いでくれなかったか。残念
・・・
この子たちの輝きの向こう側へ
美波(花)の元からアーニャ(ナナホシテントウ)が旅立つのか
未央(トンボ)が飛び立つ場合の花は卯月なのか?
なんだ今回も表情に演技に最高かよ
手、足、表情、背景、空、あらゆるもので心情描写してくる巧妙さよ

んんん? 未央がソロ活動という・・・ちょっとまだ思惑がわからない
卯月だけ時計の針止まるってこうゆう仕組みだったのか
さて絶妙に動き出したぞ

秋と冬まで描く時間ないっぽいけどやっぱり劇場版までいくの?
OPの桜を見ると冬までアニメで終わらせて欲しいんだが

★21話
プロジェクト・クローネ 良いじゃん。
それはそれでの成功を納めればいいじゃん。
未央のわざと下手な演技って声優にとって非常に困難な演技だよな
うおおミツボシ持ってきたぞどんだけ大事な演出だと思うよこれ
なんで姉ヶ崎が正妻みたいになってるんすかね~~~~~~~いいけど

島村卯月は影の中

歩道橋のシーン、あれは凛の口から言われることを嫌がった反応かな、この描写ほんと痺れたわ、間合い完璧で締め付けられたわ。
卯月は何を頑張るの

歌・演技ときてから笑顔って言われてもそんなので納得できるわけないが。でも歌や演技が抜きん出るだけではアイドルとして人気は出ない。アイドルって非常に哲学的じゃん

ふむ卯月の笑顔をまだ消してこなかった
というか卯月って笑顔のイメージが強いし中の人も自覚してるし
笑顔を消しはしないってことか、
なら人の心に届く笑顔についてのお話になるのか
アイドルの武器ってなんだろうね、
例えば千早だったら歌とかぱっと答はするけど、
千早の魅力って歌かというとそうじゃないと思うな。
千早の魅力の中に歌は大きい要素かも知れないけど
これまで積み重なった全て、キャラクター性にこそあるんだ。
しかし簡単に言えるようなキャラクターじゃあない。
アイマスに限ったことじゃないけど、まあ魅力ってのは別にはっきり言葉にできなくてもいい
何で好きかなんてくだらない。気付いたら好きでしたでいいよ。
うーんしかし、視聴者を突き落とすのは23話ですか?

はあ~~アイマス見てると感情移入が激しすぎてすごい疲れる


★22話
特に感想がでてこないんだが
強いて言えば、だからライブシーンちょっとでいいから動いてよ

武内Pってなんでそんなに権限があるんですかねえ?
常務の闇は何なの? 

遂に卯月の笑顔が失われましたか
んん? 何か春香のデジャブってるんだけど・・・この流れで良かった?
調子が良くないで済ますの? おかしない? りんみおも武内Pも何見てきたんだよ
あれ? 展開おかしない?

それにしてもPが謝ってるシーンの卯月、リアリティが恐ろしくて震えるわ。
息が止まるような感覚の表現が見事だったね。
それに「挽回しましょう」ってのは要するに「卯月のせい」で謝罪したって答えたんだし。未央の時のようにまた言葉選びでトドメ刺したな。ほんと言葉の選択は怖いし難しいね。驚くほど鬱。


★23話
うん?

笑顔なんて笑うなんて誰でもできる・・・か?

凛をステージに上げたのは卯月の笑顔なんだよ。
武内Pは笑顔の力に何を見出してるんだ。
実際に笑顔は人に訴えかける力があるよね。涙にもあるんだけど。
笑顔は人に元気をあげるチカラがあると。

しかしまあ卯月が没個性なのは作った奴らのせいだしなあ。
ただずっとアニメでも煮え切らない感じではあったな。

ところで、自分だけ置いて行かれるような話って既にみくでやってないか?
正直、ぜんぜん物語の破壊力足りてないんだけど。大丈夫なのか?

時間経ってから見直したら公園シーンが刺さった。私は劣等感とコンプレックスと自虐の権化で、文字通り「私には何にもない」だ。ほんと勘弁してくれ。この突き刺さるリアリティ、挫折を味わった人ならより一層ぶっ刺さること請け合いの秀逸さ。

そして声優の演技、心貫かれたわ。お見事
しかしこんなリアルな鬱を描くなんて冒険した?


★24話
うーん、どうやら私のハードルが高すぎたようだ。なんだろ物足りない。アニマスでは結構泣くほど心動かされたけど、それと比べたらいけないんだろう。なにが足りないのかわからん。説得力かな。自分に自信がもてない卯月の心境は、心えぐれるほどわかる感情のはずなんだが、卯月は1人じゃない、仲間がいるってことが大きいのかな。しかし、ステージで卯月を応援する声を最初に発したのはCPメンバーだったが、観客も声ださないのかあそこ。アイマス的にはあそこにいるのはPであり我々のはずだろ。

(見直したけど、どうしても卯月に声援を送らない観客たちが許せないんだよ。考えてみれば確かに、劇中の客席の大多数はファンであってプロデューサーじゃないんだけど、ニュージェネのライブに来といて卯月を応援しないとかあるかよ。メンバーのうち1人しか応援していないとかなわけか? いやいや25%は卯月ファンいるだろ。声出せやこら。なにしにきとんだ。そしてなにより演出おかしいやろ。ファンをなんだと思ってるんだよ。アイドルってのはファンが先にあって成り立つんだぞ。ファン無しにアイドルは成立しない。そんなこと考えては台無しになっていった)

過去の春香がキャラメルを渡したのに対して、未来の卯月が星を渡すという対比になってるのか。昨日の自分と指切りする。そうか、卯月回ってS(mile)ING!の歌詞を前提に作ったのか。

思い返しても頑張ります言ってるだけだったし漠然と不安に思ったのは、制作の思う壺だったか。卯月に対して私が不安に思うのとともに卯月自信も不安だったと。そうゆう仕組みだったならなるほど理解できる。

うーん、それはそれとして、デレアニ、もっとキャラクターいろいろ出して欲しかったなあ。声ついてない子多すぎて無理だったかあ。その子にぴったりの曲作るのも大変だしな。

うーんモヤモヤする。これが最終回までお預けかよ。

何度も見直すとステージ裏の卯月とPのシーンはこの上なく完成された演出だった。ほぼ必ず泣くLvだわ。デレアニも何周も見て感情移入深まるアニメだったわ。あのシーンでPが文句無しにアイマスPで素晴らしい。

ん? そういえば何で制服で出るんだろ。当然衣装は用意してるはず。これは普通の女の子を強調し、その輝く姿をより強く印象づけるためなのか。

あと、S(mile)ING!の最後の部分、 「愛をこめてずっと歌うよ」が入ってるのはよくわかってんな。そしてほんっとアイマスのアニメチームは良い表情作ってくるね。お見事。常務と全く同じ表情に私がなった。
 この卯月の輝く笑顔と、それを見た常務と視聴者たる私とが心動かされる瞬間こそ、デレアニ全話の中で至高の演出である。あの常務の表情はまさに私だった。このアニメはこの一瞬のためにあったといっても過言ではない。

 更に見返して気になった点、メンタルで休んでいた人が復帰する時、職場などに顔を出す時、一体どれだけ恐ろしくて勇気がいることか、私はよく知っているから、更に突き刺さるアニメとなった。
 部長が常務に「必ず見に行きなさい」なんて言うのは、過去に近い部下だったりと、はっきりとした関係があるとわかるセリフだね。アニマス赤羽根Pと比べて、美城常務と武内Pは思わせぶりな過去を持っていてキャラ立ってるなあ。私は比較的好意的に受け取ったけど、こいつらに描写割くならもっとアイドルに時間使えって言われても当然だわな。 
 卯月の部屋に掲示してある写真は、過去のもう諦めていった養成所仲間、ステージで輝いていたシンデレラガールズ、すっごく嬉しい記念日に自分へのプレゼントに買ったアネモネ、CP宣材の最初の集合写真、CDデビュー時の母からのケーキ、13話ライブ後の写真、卯月がこれまでに一歩一歩階段を登ってきたことの証となる節目の写真ばかり。そして合格通知、確かに卯月はオーディションで選ばれた、それは誇っていいこと。だから自信を持つように自分に言い聞かせるように頬を指で上げているのではないか。
 学校帰り、靴を履いたら、ライブをどうするか白黒付けなきゃいけない、だから履くのにも勇気がいる。
 ここで教師に目をつけられて締まらない武内P・・・よくもまあここにきてコミカルなところ持ってきたよね。
 車のナンバーが72じゃなくてちょっとがっかりするけど、これ765じゃなかったわ。
 魔法はあったのか? Pはアイドルに魔法をかけるのか? ずっとこのまま、停滞はいけない、「アイドルは前を向いてるもんです!」魔法が解けたというのは、単に憧れて遠目に見ているだけだったアイドルに、実際になったら大変でしたってそんな簡単な話でもあるまい。
 卯月は尖った方向性がないから、頑張り方がわかりにくい。どうしたらいいかわからない。頑張ってたはずが嘘になっていて、嘘なのか? 自分の輝きって見えないんだよね。自分から放たれる光は自分には見えない。鏡に映せば見えるとかいう話ではない。人の評価ってのは他人が決めるものだからね。どう見られようと努力はしても、評価するのは他人だよ。その人の輝きは他者からしか見えない。それに常務には見えなくても武内Pには見えているような、卯月の輝きがある。なに書いてるかわかんなくなってきたけど残すわ。
 これだよ、もう一回頑張ってみよう、でも何もなかったらどうしよう、また失敗したらどうしよう、また迷惑かけたらどうしよう、怖くて、それで一歩も進めなくなる、この想いが私にはわかる。 もう駄目なんだって、自分なんか信用できなくて。そんなことないよって優しい言葉をかけられるのも信じられず辛いだけで。
 今、この卯月に今、選考理由を聞かれても、Pは笑顔と応えると。Pはアイドルを勇気づけ、ステージに送り出すのが使命。デレアニにおいて武内Pは、卯月はアイドルだと認めた1人目のファン。卯月は輝いていると、卯月はアイドルだと、私が認めたアイドルだと、私は卯月のファンだと。
 そして、遂に卯月が階段を登り切る描写がここでくる。けっこうわかりやすく強調されてる。これまで未央と凛が登りきったように卯月もまた。
 選んだその先で貴方は1人ではありません。その言葉が十分届くぐらいに、卯月とCPとPとの絆は確かなものになったから。


★25話
うーん、う~ん、うううううん。あああん?
この気持をどう表現すればいいか。
アニマスによって積み上がった高いハードルには届かなかった。

それと止め絵多いっすね。円盤では書きなおすの? アニメってそんなことでいいのか? 書きなおすぐらいなら最初からちゃんと作ればいいんじゃ。アニメ業界大丈夫か。

もうどうにも火力不足なラストスパートだったな。2期がなんかいまいちなのはラブライブと同じっすか。何が足りなかったのかわかんねー。

まあ美城常務が何がしたかったのかわかんねー

卯月の流れもいまいち感情移入できねー

しぶりんの言動がひどかったきもする

うーん元々キャラ多すぎるのもネックか

春香って結局自分で復活してたんだよなあ。アニマスの春香最強すぎたな。

円盤手に入れてから25話みたんだけど、今度は何でか泣いたわ。んん? アニマスの時もそうだったように、デレアニも周回見ないと感動に到達しない謎の現象が起きてる。
 こんにちは、シンデレラガールズです。で涙垂れたわ。12の鐘がなったら魔法が解けてしまうわけではない。最終回のラストに12時の先に針が進んで、はじまりの歌であるおねシンが流れる演出は美しい。アイマスが、シンデレラガールズがこれからも続いていくことを示している。そしてラストカットがあの卯月が何も書かなかった星と皆の集合写真。あの写真で更に見て欲しいのが、フラワースタンドが後ろにあって、足元にはファンレターやプレゼントのボックスが置いてあること。これは、それらを送ったファン・関係者、つまりアイマスPたちも一緒にいるということ。この写真が本のラストページにあるのは、デレアニの文字通りラストシーンであるということ。
 アイドルマスターは萌豚御用達のブヒアニメとは呼ばせないぞ。

 アニメ通して一番株上がったのはみくにゃん。脚本の犠牲になったのはニュージェネ。瞬間最大風速はあんきら。生まれた名曲はTrancing Pulse。名采配はアスタリスク。ストーリー優秀もアスタリスク。最高は17話。
--------------------------------------
●デレマス声なしアイドルを顔だけで選ぶ

Cu:持田亜里沙 江上椿 遊佐こずえ 西園寺琴歌 桃井あずき 涼宮星花 月宮雅 栗原ネネ (乙倉悠貴CV付いた)

Co:大石泉 東郷あい 水木聖來 藤原肇 古澤頼子 八神マキノ 小室千奈美 伊集院惠 瀬名詩織 綾瀬穂乃香 梅木音葉 岸部彩華 西川保奈美 望月聖 鷹富士茄子 桐生つかさ

Pa:相馬夏美 若林智香 衛藤美紗希 矢口美羽 松山久美子

うわwwwクールばっかりwwwwwwww
 ずっと総選挙圏内の藤原肇と鷹富士茄子が声無しで、ずっと圏外の小早川紗枝が声ありCDデビューって、運営にこんちき好きがおりはるんやろか。それとも中の人が別嬪やさかいそっちが運営に好かれたんかもしれへんなあ。ああ私は紗枝はん好きやし、立花理香は可愛いと思うで?
綾瀬穂乃香はぴにゃ繋がりで付くでしょ。桃井あずと綾瀬穂乃香はフリスクで付くでしょ。藤原肇、鷹富士茄子、遊佐こずえ、月宮雅、東郷あい、桐生つかさ、このへんは時間の問題で付くでしょ。
 第6回CG総選挙はもう声あってキャラも立ってるような川島瑞樹や日野茜に投票する必要ないしな。ところが総選挙のバケモノ高垣楓とかいるから、ほんとあの選挙わけわかめ酒。
 第六回どうしよかな。Co西川保奈美、Cu涼宮星花、Pa相馬夏美、3点バーストで行くわ。
 中間発表来たけど3人誰一人かすってないのワロタ。いやーもう声付いてる子に投票する意味ある? 歌貰えると言ってもソロ曲じゃないし、結局全員曲扱いになって、ライブでも歌うとは限らないんだぞ。声ついてない子を応援するイベントじゃないのか? 現実のアイドル総選挙なら推しに投票してればいいけどさ。2次のCGではコンテンツの将来見据えて、声無しアイドル応援しないの? 私だってただ好きな子に入れるなら夕美や藍子に入れるよ。楓さんも好きだけど、投票しなくっても優遇されまくってるし別にいいわ。
 しかし夏美がPa15位にも入ってないのは驚いたわ。これは選挙に使うNカードの絵が残念なせいに違いないな。
--------------------------------------
私が好きな音楽はR&B、ハウス、ジャズ、テクノ、カントリーあたりのポップス寄りな奴だね。
--------------------------------------
♪ THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER (CM) ♪
モバマス、シンデレラガールズ、CMの良曲、名曲、おすすめ曲、好きな曲

●CM
・お願い!シンデレラ(M@STER VERSION)  作曲・編曲:NBSI(内田哲也)
アイマス的には、ざわわん・READY!!にも並ぶようなキャッチーなメインタイトル曲。

・輝く世界の魔法(M@STER VERSION) 作曲:小西裕子、編曲:原田ナオ
まるでREADY!!に対するCHANGE!!!!のように、お願いシンデレラに対するこの曲。作曲違うのに意図的に似せて作ったのか。

●Cool Jewelries! 001
・亜麻色の髪の乙女  歌:新田美波(洲崎綾) まあ名曲だよね。

・月のしずく  歌:神崎蘭子(内田真礼)
いやあ悪くないけどさあ、ちょっと声質にあってないんだよね。はっきり言うとどうして貴音にカバーさせなかったんだろうねってことなんだよ!!!!111111 どう考えても四条貴音にぴったりすぎる曲だろおいこら

・雪の華  歌:高垣楓(早見沙織)
中島美嘉の幽霊みたいな歌い方が気持ち悪くて嫌いなので、オリジナルよりも好きっていう。

・ススメ☆オトメ ~jewel parade~  作曲・編曲:田中秀和
3種のススメオトメでCoolが一番好きかな、声と歌い方で。歩きながら聴くといいね。

●Passion Jewelries! 001
・Orange Sapphire   作詞・作曲・編曲:Funta
数々のアニソンも手がけたFunta、流石の曲ですわ。パッション♪

・LOVE & JOY  歌:城ヶ崎莉嘉(山本希望)
オリジナルが記憶に無い

●Cute Jewelries! 001
・気まぐれロマンティック  歌:島村卯月(大橋彩香)
この曲知らんかったけどいいね。いきものがかりも割りと好きだ。

・碧いうさぎ  歌:安部菜々(三宅麻理恵)
今となっては芸能界と覚せい剤が思い浮かぶ悲しい現実。でも好きな曲なんだ。曲に罪はない。

・遠く遠く  歌:小日向美穂(津田美波)
これも槇原って覚せい剤かよ。いや曲に罪はないんだけどさあ。芸能界は覚せい剤から復帰できるふざけた社会だな。アイマスと関係ないけど、ちょうどコレ書いてる最近チャゲアスのアスカが覚せい剤でさあ。
音楽と覚せい剤は友達なのか? 芸能界真っ黒だな。 ほんと、いい曲作るだけに麻薬に負けた逃げたことが残念。

●CM 001 Never say never  歌:渋谷凛(福原綾香) 作曲・編曲:NBGI(遠山明孝)、編曲:関淳二郎
クールの正統派な曲。初聴そんなでもなかったがライブで好きになった。「沢山の笑顔をあげる」から「いつも沢山の笑顔ありがとう」でジンと来る。

●CM 002 あんずのうた  歌:双葉杏(五十嵐裕美) 作曲・編曲:NBGI(佐藤貴文)
曲としては普段聞かないけどライブで楽しい。2曲目でこれだからモバマスは色物って印象が未だに消えない。杏って中身クールだよね。

●CM 004 こいかぜ  歌:高垣楓(早見沙織) 作曲・編曲:NBGI(椎名豪)
何故か壮大でもうあんまり恋の歌って感じがしない点では面白いバラード。椎名曲だぞ、はやみー歌上手いわ。

●CM 005  DOKIDOKIリズム 歌:城ヶ崎莉嘉(山本希望) 作詞・作曲・編曲:NBGI(佐藤貴文)
ハイテンションでちょっと電波ソング、幼い青春の恋。言い回しが面白い。はいはーい♪

●CM 006 華蕾夢ミル狂詩曲~魂ノ導~  歌:神崎蘭子(内田真礼) 作曲・編曲:NBGI(浩川卿中二)、編曲:NBSI(淵ヶ谷増二)
色物かと思ったら結構整っててかっこいい。詩の東ノ獄彩は、オーバーマスター組ならmft(小野田裕之)、DREAM組ならyura Darkのどちらかだと思う。

●CM 007 おねだり Shall We〜?  歌:前川みく(高森奈津美) 作曲・編曲:NBSI(佐藤貴文)
ジャズ? ミュージカルのようなリズミカルで楽しい曲。耳に新鮮な刺激。にゃーお♪

●CM 008 ましゅまろ☆キッス 歌:諸星きらり(松嵜麗)  作詞・作曲・編曲:NBSI(トリ音)
電波系きらり系。とろけるような甘々ソング。中毒性。ぷにぷにぃ♪

●CM 010 S(mile)ING!  歌:島村卯月(大橋彩香)、作曲・編曲:NBSI(Yoshi)
王道で正統派。シャイスマのような応援したくなる最高のアイドルソングと言える。

●CM 011 Naked Romance  歌:小日向美穂(津田美波) 作詞・作曲・編曲:NBSI(遠山明孝)
かわいらしい乙女系の恋の歌。学校の情景が浮かんでくる。ちゅっちゅっちゅっちゅわ♪

●CM 012 Twilight Sky  歌:多田李衣菜(青木瑠璃子)  作詞・作曲・編曲:NBSI(渡辺量)
あんまりロックロックって感じでもないけどそこがいい。むしろロック強すぎると私には合わないし。つーかロックって何だFF6か? ロックってのは何にでも当てはまるんだろ、ようは感性の問題で。歌詞がほんと良いから読んでみ

●CM 013 アップルパイ・プリンセス  歌:十時愛梨(原田ひとみ)作曲・編曲:NBSI(おおくぼひろし)
キュートでポップな乙女ソング。中毒性あり。 ぴっぴっ♪

●CM 014 Angel Breeze  歌:川島瑞樹(東山奈央)作曲・編曲:百引一
清潔感のある爽やかな曲で懐かしさも感じる。青い空、白い雲が似合う。落ち着きのある声もいいね。

●CM 015 ミツボシ☆☆★  歌:本田未央(原紗友里) 作曲・編曲:NBGI(kyo)
流!星! 鳴り響く歓声! ライブで盛り上がる。ただどうも飯屋の歌唱は相性というか波長が私と合わないかも。

●CM 016 熱血乙女A  歌:日野茜(赤﨑千夏)作曲:NBSI(Jesahm)、編曲:日比野裕史
元気あふれる応援ソング。パッション。へいへーい!

●CM 017 Romantic Now  歌:赤城みりあ(黒沢ともよ)作曲・編曲:NBSI(Taku Inoue)
かわいらしく聴いてて楽しい乙女ソング。

●CM 018 メルヘンデビュー  歌:安部菜々(三宅麻理恵) 作曲・編曲:ARM(IOSYS)
色物電波ウサミン。普段聴かないけどライブ鉄板。ミンミンミン ミンミンミン ウーサミン! 安部菜々の年齢は27歳で公式確定とのこと

●CM 019 ヴィーナスシンドローム   歌:新田美波(洲崎綾)作曲・編曲:NBSI(kyo)
大人でかっこいいクールソング。これも懐かしいアニメOP曲って感じはある。

●CM 020 To my darling…  歌:輿水幸子(竹達彩奈)作曲:NBSI(平井克明)、編曲:橋本由香利
これまた乙女ソング。こうゆう歌、J-POPにあったよな。

●CM 021 エヴリデイドリーム 歌:佐久間まゆ(牧野由依)作曲・編曲:滝澤俊輔(Try Tone Labo)
すごく期待させられるイントロから始まり牧野由依のキューティーボイスでやられる。どストレートに好き好きって歌。歌うまいな。確かARIAでもいい歌あったね。

●CM 023 風色メロディ 歌:緒方智絵里(大空直美) 作詞・作曲・編曲:NBSI(トリ音)
一面の広い花畑か草原がそよ風でゆらゆら揺れている感じかな。とてもかわいくて温かで優しい癒し系。明るいイメージだけど寝る前に聴きたいね。

●CM 025 お散歩カメラ 歌:高森藍子(金子有希)作詞・作曲:イズミカワソラ、編曲:今泉洋
これまた癒し系のゆるふわ。聴きながらゆったりお散歩したい。

●CM 027 2nd SIDE 歌:神谷奈緒(松井恵理子) 作詞・作曲・編曲:ESTi
清涼感。なによりBメロに惚れた。サビは突き抜け感が足りないかな。ところで奈緒ってキュートだろ?

●CM 028 薄荷 -ハッカ- 歌:北条加蓮(渕上舞)作曲・編曲:泉典孝
人生を大切に生きていこうって優しく温かく切なく歌い上げる。大丈夫、貴方が育てたアイドルだよ。

●CM 029 花簪 HANAKANZASHI 歌:小早川紗枝(立花理香)作曲・編曲:ARM(IOSYS)
和で雅でもリズミカルでダンサブルな楽しい曲。こーんちきちぃ♪

●CM 033 き・ま・ぐ・れ☆Cafe au lait!  歌:宮本フレデリカ(髙野麻美) 作曲・編曲:NBGI(Yoshi)、編曲:平清十郎(TRYTONELABO)
特徴的な癖の強い歌。中毒性。流石Yoshi曲お洒落っすねめっちゃ好き。晴れた外歩くのに最適よ。しかし、3rdライブではソロで歌えなかった。これは生歌ソロに堪えなかったからと思われる。まあ765の1stライブでも持ち歌複数人でってのはあったけど、最近はソロ曲1人で歌うでしょ。今後に注目。

●CM 034 Hotel Moonside  歌:速水奏(飯田友子) 作詞・作曲・編曲:BNSI(Taku Inoue)
変化球。あずささんや響が貰ってたようなダンスナンバー。冒険するなあ。99 Nightsの人か流石や。

●CM 035 みんなのきもち 歌:市原仁奈(久野美咲) 作詞・作曲・編曲:BNSI(佐藤貴文)
微笑ましい。ところで仁奈コミュあかんでしょ。あんなん泣くわ。やめたげてよ。千早で味しめたのかしらんけど悲しすぎんよ。物心付いてからお年玉を貰ったことがないとか、怒られるのが怖いとか、楽しいだけでいいとか、寂しくさせないでとか、きぐるみじゃなくてもかまってもらえるとか、またひとりなのとか、ひとりでごはん食べるのも慣れてるとか、七五三ひとりだったとか、おんぶもだっこもしてもらえないって。駄目だ泣く。父親は海外であんまり会えないってどれくらい帰ってきてるんだろ。母親は余裕なくなってるのか仁奈放置。ママはパパの分も働いてて忙しいし、パパは遠くに行って、ん? 死亡説が。アイドル以前にほっとけねーわ。心ある人間なら皆ファンになるわ恐ろしいアイマス。

●CM 036 in fact  歌:橘ありす(佐藤亜美菜) 作曲・編曲:Maiko Fujita、編曲:川田瑠夏
文句ない1曲。情感たっぷり。ありすのN+のボイス聴いて「えっ誰?」と思うところから、ここまで持ってきたのは見事。このプロ根性に他のアイマス声優も負けじと切磋琢磨していけば、アイマスは輝きの向こう側へ。

●CM 038 秘密のトワレ  歌:一ノ瀬志希(藍原ことみ) 作詞・作曲・編曲:ササキトモコ
一目惚れならぬ一聴惚れ。佐々木朋子とかいう天才か。歌もばっちし。曲も衝撃的。中毒的。瞳孔開くわ。しかし、ワンフェスのショートVerが残念な出来だったので今後に期待。

●CM 039 青の一番星  歌:塩見周子(ルゥ・ティン) 作曲・編曲:ARM(IOSYS)
花簪の姉妹曲な感じ。同じスタッフだし。和風いいねえ。

●CM 040 ラヴィアンローズ  歌:櫻井桃華(照井春佳) 作曲・編曲:渡部チェル
一聴惚れ。ああトロケる~ああ。ニヤける~あああ~。幸せ。ありがとう。最強曲。

●CM 041 Radio Happy  歌:大槻唯(山下七海) 作詞・作曲・編曲:BNSI(Taku Inoue)
元気にダンスパーティー。WUGで鍛えられてるはずだしアイマスライブもよろしく。

●CM 042 恋色エナジー  歌:中野有香(下地紫野) 作曲・編曲:睦月周平
あかりちゃん!!!! 歌上手い!! アイカツも中の人が歌って欲しかった…。それは置いといて。結構正統派なキュート曲。作曲は深層マーメイドで注目の人。それにしてもあかりちゃんだ・・・あかりちゃんの印象が強すぎる。あと有香ってばパッションの間違いでしょ。

●CM 043 共鳴世界の存在論  歌:二宮飛鳥(青木志貴) 作詞・作曲・編曲:烏屋茶房
蒼い厨二ロック。中の人が思っきしニコニコ世代なんだね。時代に着いていけない。不思議だね。

●CM 044 lilac time  歌:相葉夕美(木村珠莉) 作詞・作曲・編曲:橋本由香利
爽快で心地よい。歌上手いね。一聴惚れよ。かわいい。ヴィジュアルも抜群にかわいい。橋本由香利は田村ゆかり曲から好きだったわ。

●CM 045 恋のHamburg♪  歌:五十嵐響子(種﨑敦美)  作詞・作曲:柿埜嘉奈子、編曲:kyo
またトロケる可愛いのが来たわ。胃袋掴まれる。タニタに♪

--------------------------------------
♪ THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE (LTP) ♪
グリマス、ミリオンライブ、LTPの良曲、名曲、おすすめ曲、好きな曲、ウォークマン入れてプレイリストに入れた曲
※挙げてない曲は、単に曲が好きじゃないか、歌が下手だから訓練してから収録しなおしたほうが良い曲かな。緊張してるのか声が歌が張り詰めてる感じのは聞いてて辛い。もう一回聴きたいかどうかってこと。
正直LTPの方が上のシンデレラよりも好きな曲多いわ。

●LTP 01
Thank You!(765PRO ver.) 作曲・編曲:NBSI(佐藤貴文)
ミリマス組の声区別つかないんでこっち。聴き比べてもキャラの安定感というか、結局、私の耳に慣れた声は強い。

●LTP 02
・キラメキ進行形 歌:天海春香(中村繪里子) 作曲・編曲:高田暁
 乙女大志より好きかもしれん。アップテンポ元気系。勢いづいてる春香。

・Legend Girls!! 作曲・編曲:白戸佑輔
アップテンポ元気系、王道。サビが爽快で良い。盛り上がり方も素直な曲。

●LTP 03
・オレンジの空の下 歌:豊川風花(末柄里恵) 作曲:岡本健介、編曲:森谷敏紀
 癒し系。ゆったり外歩きながら聞きたい。お散歩系。

・Rebellion 歌:我那覇響(沼倉愛美) 作曲:前山田健一、編曲:石井健太郎
 これはかっこいい響ちゃん。曲もかっこいい。でも何と戦ってるのかわからない曲。

・PRETTY DREAMER 作曲・編曲:矢鴇つかさ(Arte Refact)
アップテンポ元気系、王道。疾走感と爽快感があり歌に伸びもあるパワフルナンバー。

●LTP 04 
 ・アフタースクールパーリータイム  歌:所恵美(藤井ゆきよ) 作曲・編曲:増谷賢
 中毒曲。これ聴いて外歩いてると捗る。踊りたくなる。ぶっちゃけ内容が無いようだけど、楽しい学生の放課後。

・Snow White 歌:如月千早(今井麻美) 、作曲:rino、編曲:増田武史
 個人的には千早曲で目が逢う瞬間と双璧をなす曲だと思う。眠り姫の歌い方がなんか辛く感じるのに対して、この曲の歌い方すごく優しくて温かくて無理がなくて心地いい。透明感が素敵なミンゴスの歌と、この曲の雪と冬の情景があまりにぴったり合っていて相性良すぎ。約束は聴いてて重たいからウォークマンで流すのに向かないし。

・ Blue Symphony  作曲・編曲:山口朗彦
かっこいいクール王道系

●LTP 05 名盤
 ・POKER POKER   歌:真壁瑞希(阿部里果)   作曲・編曲:橋本由香利
 橋本由香利の曲はゆかりんのデイジー・ブルーとか好きなんだね。かわいい曲。席替えの一喜一憂とか小学生以来無いな。

・Be My Boy   歌:百瀬莉緒(山口立花子)、作曲・編曲:KOH
私の中で起きたKOHショック。一聴してティンと来た。旋律が綺麗で大人な雰囲気たっぷりのバラード曲。大サビ前の走りだす感じがすごく良い。dear...と繰り返しヘビロテして雰囲気を楽しむとよいぞ。

 ・プライヴェイト・ロードショウ (playback, Weekday)  歌:水瀬伊織(釘宮理恵) 作曲・編曲:松田彬人
 とってもお洒落でかわいい。くぎゅボイスと相乗効果でやばい。中毒性あり。私には歌詞の意味がわからない。

・ Sentimental Venus、作曲:rino、編曲:関野元規
疾走感あるすっきり曲

●LTP 06
 ・FIND YOUR WIND!    歌:北上麗花(平山笑美)  作曲・編曲:中土智博
澄み切った空が思い浮かぶ爽快曲。歌うますぎワロタ。

●LTP 07
 ・嘆きのFRACTION  歌:三浦あずさ(たかはし智秋)  作詞・作曲:藤本記子、編曲:福富雅之
あずささんの大人モード。こんな曲キングじゃなきゃ歌いこなせない。歌上手いなまじで

・カワラナイモノ 作曲:藤本記子、編曲:福富雅之
元気出る優しくて温かい曲。

●LTP 08
 趣味に合わず。幼すぎるかな。ウォークマンに入れるには退屈だった。

●LTP 09
・ Helloコンチェルト 作曲:増谷賢、編曲:長田直之
 アップテンポ元気系、王道

 ・スマイルいちばん 歌:佐竹美奈子(大関英里)、作曲・編曲:サイトウヨシヒロ
 アップテンポ元気系.。聴いたら楽しくなる。

 ・GREEDY GIRL 歌:秋月律子(若林直美)  作詞・作曲:藤本記子、編曲:福富雅之
メロディが癖になる楽しい曲。りっちゃん曲で一番好きかな。

●LTP 10 名盤
 ・フェスタ・イルミネーション  歌:徳川まつり(諏訪彩花)  作詞・作曲:松井洋平、編曲:関野元規
面白い曲。これも聴いてて楽しい。

 ・ハッピ~ エフェクト!  歌:宮尾美也(桐谷蝶々)  作曲・編曲:バグベア
 曲に合わせて歩いてると楽しい。

・恋花   歌:四条貴音(原由実) 作曲・編曲:福富雅之
 貴音で一番似合ってる曲かも。しっとりバラード。

・ 瞳の中のシリウス  作曲・編曲:野井洋児
満天の星空が似合う幻想的な曲。

●LTP 11
・ Get My Shinin’  歌:舞浜歩(戸田めぐみ) 作曲・編曲:関野元規
 アイマス曲の中でうまいことスパイスとして聴ける。

 ・Fu-Wa-Du-Wa  作曲・編曲:関野元規
 ちょっと洒落た優しい曲。

●LTP 12
 ・ハミングロード 歌:萩原雪歩(浅倉杏美) 作曲:KanadeYUK、編曲:KanadeYUK
日向でお茶のんで、うとうとしてる雪歩か。でも個人的にはあず歩の歌だなあって感想。ゆり歩とあず歩の歌はずいぶんと違うものだと感じてる。ALRIGHTもKosmos, Cosmosもゆり歩曲って印象。あず歩の歌は未だに明るすぎるというか元気過ぎると感じる。あずみんの演じる雪歩も好きだけどね。演者が違うとキャラの魂も違うものなんだろうか。

 ・デコレーション・ドリ~ミンッ♪  歌:周防桃子(渡部恵子) 作曲:増谷賢、編曲:長田直之
 聴いてて元気になる曲。

・ココロがかえる場所  作曲・編曲:高田暁
温かい曲。聴いてすっきりしよう。

●LTP 13
・微笑んだから、気づいたんだ。  歌:双海亜美(下田麻美) 作曲・編曲:増谷賢

 真美曲にしては驚きの優しい応援ソング。この歌い方が好きです。

・dear...   歌:馬場このみ(高橋未奈美)     作詞・作曲・編曲:KOH
初めてきいた瞬間、ビビッときた私にクリティカルヒットの曲。でもすぐに、この曲Be My Boyと同じじゃんとか思って、調べたら作曲・編曲KOHって同じ人だった。ならパクリじゃないし仕方ないね。こっちは電子音きつめかな。どっちも大好きなメロディだわ。はまってヘビーローテーションしてるわ。曲と歌手がこの上なくぴったり合っていて文句なしの出来だと思う。べた褒めで神曲言ってもいいかもしれん。再生570回でアイマスTOPになった。KOHと魂の共鳴を奏でた。


♪ THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY (LTH) ♪
とりあえずwelcomeのどれをメインに聞くか決まらない。皆がどのユニットの聞いてるか知りたいわ。


プリムラ
事前情報無しに一回聞いたら1サビ聞き終わってすぐに確信した。そうこれはKOHの曲!!!!!!!!!!!!うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおそう!!!!!これ!!!!!!!!!!
やっぱKOH最強だわ。もっとミリオンライブにアイマスに曲をお願いします!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
KOHのメロディは我が魂と共鳴する。
--------------------------------------
ただの倉庫  『LTP・LTHで自分だけのセトリを作ってみよう』cha73編
http://blog.livedoor.jp/cha73/archives/1865268.html

いつもcha73氏のアイマス愛が爆発した熱い文章に感銘を受けてる。

ミリオンライブ!の曲は増加速度が早い上に、本当に良質で素敵な曲ばかりで、私は理解・処理が追いつかない。
私の使ってる音楽プレイヤーでは、最高に好きな曲を★5で付ける。初めて1回聴いただけで好きになる曲はすぐに気付いて普段聞くリストに入るけど、1回聴いただけではちょっと理解できなかったり、引っかかる点があると一旦★3とか付けちゃう。曲は良いけど歌がまだ追いついてないとか、歌は良いけど曲が自分好みじゃないとか、非常に惜しいことも多々あったり。

カーニヴァル・ジャパネスクは1回聴いて理解できなかったので★3だった。でも記事読んで聞き直したら、まつりの魅力MAXで★5付いた。
ちなみにフェスタ・イルミネーションは初見で★5付いた後で、★5には一歩深みが足りないと思って★4になり、でもやはり電波曲というにはセンスある曲が好きで★5に舞い戻りしてた。これもギターかっこいい。

SUPER SIZE LOVE!!は最初聴いた時に、なんか軽々しいというかなんというか深みが足りなく感じて、★3だった。記事読んで聞き直したら美奈子のライブシーンが浮かんで★5付いた。

夢色トレインは★4でした。好きな曲なんだけど、★5には何故か一歩だけ足りない気がした。正直もちょの歌がそこまで好きじゃないのもあります。
トキメキの音符になっても★4止まりのままです。
でも記事読んだらサビの音の高低差が流れるような旋律が好きだなって気付いて夢色トレイン★5。

微笑み日和は初見で★5付いたけど、聴いてるうちに、段々歌が今一歩な気がして★4になって、でも聴いたら元気になれるし温かい気持ちになれるなって★5付け直した曲。記事読んだら気付いてなかったギターの魅力も加味された。

恋心マスカレードは曲も歌も理解追いつかなかったので★3のまま離れていた。記事読んで聞き直した。すごく好きな曲調だった。でも歌が全然追いついてない。これは再録を望まずにはいられない。
ひどいこと言ってるけど私はアイマスに数多くの再録希望曲があって、特にシンデレラガールズとミリオンライブは、今ライブでCDの頃から格段に成長した姿を見せてくれるたびに再録してくれってことが多くて。その意味で春香の太陽のジェラシーの再録とこの成長ぶりに泣きそうになったし、再録ありがとうと。
今回記事読んでこの歌の魅力に気付いて恋心マスカレードは★5に。

絵本は文句なしで★5でした。
まず私は、ライアー・ルージュは正直似合わないと思っていて★4だったけど、ライブで歌われてから★5になってしまった。
絵本は聴いた時ティンときた。そうそうこうゆう曲を歌わせて欲しかった。しかしギターの印象は無かったな。記事読んで聞き直したらめっちゃくちゃギター目立っててあれ?

そういえば可奈のおまじないも聴いた時に、良かったね可奈、遂にぴったりの曲を貰えたねって。

welcome!!はこんなにVer違い用意されて、どれか1曲に絞って普段聞くリストに入れたいのに、選べなくてイライラする。うわああああ贅沢な悩み

ファンタジスタ・カーニバルは好きな曲調で、キャラぴったりの曲だし成長も感じて★5曲

Impervious Resolutionは雪歩というか浅倉杏美の成長と挑戦を感じられる★5曲、遂にライブでKosmos, Cosmosを歌う覚悟が付いたのも理解できる。それでもゆり歩版を聴きたいと思ってしまうのも。

フローズン・ワードは恵美の、パーリータイムからガラリと変わった曲も合ってて非常に将来性を感じた。

MY STYLE! OUR STYLE!!!!は理解できず★3だった。再評価してみたけどサビが微妙かなって★4
ちなみにデコレーション・ドリ~ミンッ♪は★5で。文句なしにぴったり。この方向でお願いします。

嘆きのFRACTIONなんか異論ないな。

Maria Trapも★5→★4→★5で移ったなあ。

Blue Symphonyとか最高に好きだわ。

終わらないからもう終わる
こうして他のPの影響も受けて曲やアイドルの印象が変わることも多々あって、ほんとアイマス最高。

--------------------------------------

♪僕が選ぶ最強のアイマスソング♪
アイマスでお勧めする厳選曲
時間たったらすぐ最強リスト変わる
多種あるどのシリーズにも名曲があるんだ
通して聴くための順番

●複数人曲
HELLO!! (876ALL):安心の神前曲
Eternal Harmony:音楽って楽しい! 奏でよう!
Birth of Color:気持ち良い爽快感
Sentimental Venus:お洒落で可愛い
アマテラス:キャッチーでご機嫌なサマーナンバー
Orange Sapphire:爽やかなパッション曲
絶対特権主張しますっ!:少し電波でライブ向き
きみにいっぱい☆:南国元気になれる曲
ススメ☆オトメ ~jewel parade~(Cool):お洒落
Take me☆Take you:前向き爽快
メッセージ(BEST5):イントロやサビが綺麗
夕映えプレゼント:夢みたいに綺麗で泣けちゃうよ
私色ギフト:夕暮れエンディング系
七彩ボタン:キャッチーなメロディ
Happy✕2 Days:これでもかとキュート+杏
little trip around the world:甘くてお洒落可愛い
piece of cake:お洒落はまった
コーヒー1杯のイマージュ:お洒落元気
I'm so free!:お洒落セクシー
秘密のメモリーズ:KOHかな、やっぱな、好き
Blue Symphony:疾走感よ
Decided:ブルーシンフォニー2
Trancing Pulse:上松かなるほど良いわ
深層マーメイド:作曲者に期待
俠気乱舞:戦闘感あふれるかっこよさ
赤い世界が消える頃:阿部里果と平山笑美が最高
Tulip:洒落た疾走感
KisS:セクシー
インセインゲーム:オバマスよりも好きになった
Love∞Destiny:李衣菜は明らかに選出ミス
瞳の中のシリウス:美しいハーモニー
LOST:さみしい歌詞と旋律の美しさ
つぼみ(BEST5):優しい。未央verは嫌
my song (ML4):万能説2
M@STERPIECE:万感の想い昂ぶる
Destiny:最初に出会った日、覚えてるかな? 

~複数人 36曲

●ソロ曲
空:小鳥最強曲
風色メロディ:心洗われる。寝れる
コイ・ココロ:とろける
ラヴィアンローズ:とろける
しあわせのレシピ:響最強曲。あったかい
lilac time:笑顔になるわ
cherry*merry*cherry:あ~好きホント好き
はにかみdays:甘酸っぱい青春、経験したかった
プライヴェイト・ロードショウ (playback, Weekday):甘い歌に洒落た曲
Dazzling World:正統でまっすぐな歌詞
あの日のナミダ:あず歩が完成した曲だと思う
shiny smile (響):Yoshi最高ありがとう
POKER POKER:お洒落可愛い
アフタースクールパーリータイム:ライブ向け
サマ☆トリ ~Summer trip~:パーリーの作曲者
Pon De Beach:ライブ向け
Good-Byes (あずさ):笑顔でいてね♪ こんな別れも良い
FIND YOUR WIND!:疾走感。平山笑美うまい
プラリネ:愛美弾き語りライブ向け
目が逢う瞬間:作曲天才かよ。千早ベスト曲
Kosmos,Cosmos(ゆり歩):ゆり歩を忘れられない
秘密のトワレ:衝撃受けた。雰囲気系
99 Nights (伊織):作曲天才かよ、伊織版溶ける
初恋バタフライ:作曲天才でしょホント好き
smiley days:響もKOHやったぜ
bitter sweet:これもKOHだね。優しい歌声癒やし
vivid color:KOH無双に勝てる気がしない
水中キャンディ:泡と消えても、やると決めたの
WHY?:どうしてアイマス好きなんだろう
Be My Boy:初めてKOHにやられた、会いたい系
dear...:再生回数アイマスTOP、KOH曲
恋花:心地良い、美しい
隣に…:キングの本気で椎名豪ラスボス曲

~ソロ 33曲
合わせて厳選69曲 5時間10分

※増えてきて2軍落ち↓
READY!!:ライブ1曲目に最も相応しい曲
Star!!:大サビ前が良い
Thank You!(765AS):後ろまで見えているからね
FO(U)R:耳に心地よい旋律
シャララ:耳に心地よい旋律、夢うつつ
shabon song:爽やかで等身大の青春
咲いてJewel:曲こそ良けれ。歌はダメ残念
Melting season:大人セクシー
まっすぐ:万能説
たしかな足跡:my song かな?
静かな夜に願いを…(千早):こういう曲好き
99 Nights (貴音):エッロ!!!!
ふたつの月:雰囲気好き
眠り姫:椎名豪最高の盛り上がり
こいかぜ:早見沙織が存分に輝く椎名豪曲


アイマス6時間超えライブできるな!
これでも削ったのに多すぎじゃね。削るより増えるから仕方ないな。アイマス楽曲はオリジナル570曲以上あるから上位10%を選出したわけだが。
ごまえ抜きとか
音楽嗜好偏ってる、こうして大好きな曲並べてみると耳心地のいい曲ばかり並んでる。主旋律が綺麗な感じのが好きなんだね。そして女々しい曲多い。

カバー曲は抜いて考えてる。カバー入れるとかたちあるものとかが入ってくるけど、大きくは変わらないか
2枚組みベストアルバムでも入りきらないな

雪歩の歌はゆりしー派
何度も言えるよは好きだけど、ALRIGHTで比較したら俺はゆり歩派だとわかった。あず歩はどうも明るすぎる。そしてあずみん、歌がなんというか、詰まって聞こえる。下手というか、訓練が足りないんだろうか。歌が素人。
贔屓目だけど中村先生の歌は魅力的なんだけど、あずみんには残念ながらそれを感じない。正直な話だ。
俺何様だってんだよな。
でもごめん、あずみんのはカラオケ並だわ。本人アイステライブで言ってる通りだわ。だから余計に緊張して声が出にくいのかもしれないけど。
最近あずみんの歌進化してる。 ハミングロードなんかぴったりで良いと思う。この方向がいいと思う。Impervious Resolutionの方向は、まだゆりしーが残るから。
9thのコスモスからのあの日のナミダ、なんでかな、私の涙腺崩壊した。決して雪歩Pだなんて言えない程度の私なのにな。想像を絶する様々なオモイの中で浅倉杏美と萩原雪歩が歩んできたことを勝手に想うと涙が止まらなかった。あずみん、ありがとう。

最近、切に思うことある。アイマスって、キャラクターに合う曲と、中の人の声優に合う曲が違うことが多々見受けられる。例えば四条貴音と萩原雪歩には幻想的な曲が合うんだけど、中の人には可愛らしい曲が合うと思うんだよ。星井美希にはかっこいい曲似合うけど、長谷川明子には可愛い曲が合うんだよ。キャラにピッタリの声優の声質ばかりで文句ないんだけど、こと歌となるとどうしても話が変わってくるかな。

--------------------------------------

個人曲厳選
天海 春香 前向きで行こう♪
萩原 雪歩 Kosmos,Cosmos(ゆ)
菊地 真 チアリングレター
水瀬 伊織 プライヴェイト・ロードショウ (playback, Weekday)
高槻 やよい キラメキラリ
三浦 あずさ 隣に・・・
如月 千早 目が逢う瞬間
秋月 律子 GREEDY GIRL
双海 真美 ジェミー
双海 亜美 微笑んだから、気づいたんだ。
星井 美希 relations -JAZZ Rearrange Mix-
我那覇 響 しあわせのレシピ
四条 貴音 恋花
音無 小鳥

私はこれらの曲をメインにプロデュースしたいで。それとLTPの曲がいいの多いわ。春香・真・伊織・千早・貴音・小鳥はかなり迷う。これでもまだ決めかねてる。
美希は見ての通り無理がある選曲、つまりティンと来る曲が無い。 特にアッキーは曲に歌唱力が負けている。美希にはかっこいい系のよりもかわいい系の曲あげて。
MA3曲が来て抜くかもしれないのがいくつかあるね。
あの日のナミダなんか覚醒雪歩って感じだ。
放課後ジャンプはとても楽しく面白い。
絶険、あるいは逃げられぬ恋は洒落てる。
響のPon De Beachも最高なんだけどこれは普段聞く曲じゃなくてライブの最強曲だな。遂に来たシャイスマはそれでもまだ響だけの曲かと言うとリボンな春香にも欲しいからソロというには。だから劇場版のがなはるシャイスマはまじわかってるなおい恐ろしいわ。
細氷はまだフルで聞かないと評価には早過ぎる。
一枚目に小鳥さんの歌が無かったが果たしてラストに来てくれるのか。

--------------------------------------
作曲/編曲 (11)
    あの日のナミダ - BNSI(Yoshi)
    神さまのBirthday - NBGI(Yoshi)
    き・ま・ぐ・れ☆Cafe au lait! - BNSI(Yoshi)
    shiny smile - NBGI(Yoshi)
    S(mile)ING! - NBSI(Yoshi)
    フラワーガール - NBGI(Yoshi)
    ふるふるフューチャー☆ - NBGI(Yoshi)
    またね - NBGI(Yoshi)
    まっすぐ - NBGI(Yoshi)
    見つめて - NBGI(Yoshi)
    夕映えプレゼント - BNSI(Yoshi)

え、なにこの作曲家、天才かよ。
--------------------------------------

アイマスの百合カップリングは全部で何通りだよ?
765組 アイドル13人+事務員=14人
ペアは14C2で91通り
三角関係なら14C3で364通り

876組の2人も加えると?
ペアは16C2で120通り
三角関係なら16C3で560通り

非百合でPと涼を入れると
ペアは18C2で153通り
三角関係なら16C3で816通り


シンデレラとミリオン含めたらもうやばいね可能性に殺されるぞ


ステージフォーユー!におけるアイドルの配置の組み合わせ
ソロ        13
デュオ      156
トリオ      1716
クインテット 154440
合計     156325通り

うわあ、これに楽曲・衣装・アクセサリー・ステージ・カメラワーク・アピールも含めたら、文字通り無限の組み合わせ

でっていう

つまりアイマスと百合の親和性は非常に高い。オススメ
---------------------------------------

●資料
・360 初期ステ 太字は個人で一番高いステ 左ほど高い
Vo  千早 律子 伊織 春香 あずさ 真 雪歩 やよい 亜美
Da 律子 千早 伊織 真 亜美 やよい 春香 あずさ 雪歩
Vi 伊織 律子 あずさ 千早 雪歩 真 春香 亜美 やよい
美希の値は見つからなかったがVi型

・2 初期ステ
Vo 千早 春香 貴音 響 美希 真 雪歩 やよい 真美
Da 響 真 千早 真美 やよい 美希 貴音 春香 雪歩
Vi 美希 雪歩 貴音 真 千早 春香 響 真美 やよい

・OFA 初期ステ
Vo 千早 律子 春香 貴音 響 美希 あずさ 伊織 真 雪歩 やよい 亜美真美
Da 響 真 伊織 律子 千早 亜美真美 やよい 貴音 美希 春香 あずさ 雪歩
Vi 美希 伊織 あずさ 雪歩 貴音 真 千早 律子 春香 響 亜美真美 やよい

・ミリオンライブ
Vo 春香 千早 貴音 あずさ 伊織
Da 響 真 やよい
Vi 律子 雪歩 亜美 真美 美希


●個人的印象からまとめたらこう思ってることがわかった
・能力 左ほど高いけど大差ない箇所多い、多分に贔屓目だな
/ 得意ライン
Vo 千早 あずさ 小鳥 春香 貴音 響 / 伊織 律子 雪歩 美希 真 亜美真美 やよい

Da 響 真 律子 亜美真美 やよい / 貴音 美希 伊織 千早 あずさ 春香 雪歩 小鳥 

Vi 美希 伊織 貴音 あずさ 律子 雪歩 真 / 響 春香 小鳥 千早 亜美真美 やよい

総合 貴音 響 あずさ 律子 伊織 美希 真 千早 春香 小鳥 雪歩 亜美真美 やよい

フェアリー組凄い強いことになった。春香が一番好きなのになあ。

●765アイドルたちの活躍妄想垂れ流し
やばいこれ考えるだけで数時間経つわ。楽しすぎる。この子たちが活躍する姿が見たいんだわ。
10年後に限らず、ナムコエンジェルたちはどんなアイドルになっているんだろうなあ。ほんとバネPの台詞はまさにPたちの代弁であった。

千早は基本的に歌だけど、皆との共演で他の魅力を引き出す。フェス等の参加やミニライブ、歌番組出演が多い。作曲も挑戦していくだろう。単独でラジオは向いてないかな。ジェットストリームみたいな曲紹介ラジオならいけそう。音楽趣味の人に幅広く評価され海外まで及ぶ。ファンは民度の高い紳士。媚びないあたり女性受けするか。春香か律子、あずさと共演させるとフォローが得られて安定する。やよいと共演してると笑顔増しになる。

やよいは教育番組、子供向け番組、バラエティに強い。クイズ系出演多し。体当たりもこなせる。悪意のない突っ込みが冴える。高齢者受け、主婦+園児幼児人気がすごそう。親世代が応援したくなるアイドル。なんにでも元気に全力で懸命、裏表もなく好感度は全層に高い。誰と共演しても輝くが、春香への突っ込み役としては一目置けるのでは。業界内人気も非常に高い。

真はスポーツもの常連。ダンスは高評価。男役や男装の麗人など、非常に舞台映えする。爽やかさからCM起用されやすい。若者中心に女性人気がすごそう。成人男性、おっさん人気も高い。好感度高め。響との共演で競わせよう。雪歩と美希からいじられたり。いわゆるあからさまに「かわいい」ってことさせるよりも、そもそも真はかわいいんだから素でいけばいいんだよ。

伊織はロリータファッションなどのモデルとして強い。プライド高く、プロ意識高くキャラは崩さない。レギュラー番組でどうしても漏れだす毒舌ツッコミが人気でそう。いわゆる毒舌ではなく計算した突っ込み役として活躍。直接的に示威しなくとも背景がぶきになるため、権力・圧力に強い。男性人気ぱないけど、女性アンチついてても面白いし、伊織はアンチがいるぐらいが良いのよとか考えてそう。やよいと共演すると株があがる。

春香は老若男女に受けがよくて使いやすいとおもう。当たり障りのない感じと、割と無難に失敗なくこなす安定剤・潤滑油のような感じ。ラジオに舞台にドラマ、ひな壇にアシスタントから司会までなんだってこなす。楽しそうにお菓子作る。ドッキリを仕掛けられてしまう子。765プロのリーダーを仕組まれた元気玉要員なんだよ春香は。誰と共演しても輝くが、春香って千早と響のことかなり好きだよね。特にこの二人のことは気になるし「ほっとかない」ようで。何かあると1人で思い悩む辺りの共通点があるようだけど、実は春香も同じなんだね。真・雪歩と共演させれば安定感が増す。無個性とかいう個性のお陰で、清楚から真っ黒閣下までどんな演技も見事にこなす器用な存在になる。

あずさはバラエティでステージや演技とのギャップが大受けする。予測不能天然系。落ち着いたファッションのモデル。女優として人気も高い。スタジオ系料理番組に強い。しかし歌えば人を涙させる。多種多様なライブ・コンサート活動を展開。765プロの力関係の頂点か。クールで大人なかっこいい女性の役やって欲しい。ファン層は幅広く安定している。

響の自分完璧はそのまま。動物もの常連だろう。挑戦企画にはガンガン体はっていけそう。自然物ドキュメンタリーのナレーションやったり、料理番組で腕振るったりと万能。ダンスは非常に高い評価を受ける。小学生以下と男性人気が中心か。年上女性にも人気出そう。俺は清楚系演技させたくてたまらないけどな。

美希は10代中心の若者にカリスマ的な人気があるだろう。流行ファッションの最先端で表紙を飾りまくる。小悪魔系の演技は大人気になれるはず。女性にも人気なのが現実でも不思議。765プロでは珍しい天才肌の原石なんだけど、やはり努力して磨かないと駄目ってあたりがアイマスだね。言動が危なっかしいのは相変わらずで、週刊誌ゴシップ掲載頻度は断トツ。同姓の芸能人に敵も作るが確かな実力が支えになる。

貴音は絵になるから旅番組に強い。自分で料理できるし紹介も得意だろう。ロケ系料理番組に強い。和をイメージした服装モデルで海外にも人気が及ぶ。中高年以上に人気か。映画とか大作に華を添える役に強いだろう。たまにバラエティーでギャップ萌えを披露する。百合的なお姉さま役やらせたいなあ。

律子は共演者、特に765アイドルの魅力を引き出すのが得意で、その上で自分の株も上げる。間に気の利いた一言を挟める。モデルとしても高評価。博識で通りクイズ番組に強く、科学番組からニュース系のコメンテーターまで何でもござれ。番組司会の横でアシスタント敵に立ちつつ、次第に司会もこなすようになる。ツンデレ役もお願いしたい。

亜美・真美は天真爛漫で無茶苦茶してても割りと受けがよく、小学生以下に人気がある。場を賑やかして和ませる。トークが自然とコントか漫才かになる。他のツッコミ芸人を輝かせる。隠し味・香辛料みたいな活躍。クイズ番組常連、亜美真美ではちゃめちゃなラジオやらそう。共演は、やよいで更にパワーアップしたり、伊織や春香や響が振り回されるのを楽しもう。貴音やあずさに逆に振り回されるのもオツ。

雪歩はあずさよりは若者向けの落ち着いたファッションモデルとして。落ち着いたCMモデルとして。また、作詞家としても活躍していく。ドラマとか演技では主役でも脇役でも、絵映り良いから活躍するだろう。10代~20代の男性人気が中心か。

●自分用、推定カップサイズ
765組はミリオンライブのプロフィールから、876は拾い物

F  三浦あずさ 星井美希
E  四条貴音 秋月律子 我那覇響 水谷絵理
D  天海春香 萩原雪歩
C  双海亜美・真美 水瀬伊織 日高愛
B  高槻やよい
A  菊地真
AA  如月千早

Eカップ組の律子・響・絵理が背は小さいのに爆乳という誰の趣味なんだろう。
ひんそーでちんちくりんなDカップ雪歩。
Cカップ組は間違いなくナイスバディへと成長しそう。特に亜美真美は背も伸びそう。
やよいはガンガン食べれるようになれば
真はこのままかな
千早もガンガン食べれ、腹筋だけじゃなく胸筋も鍛えよう

●モバマスから一部カップサイズ抜粋
765組以上・以下とCDデビュー組かな

J  及川雫
H  向井拓海 片桐早苗
G  篠原礼 浜川愛結奈 兵藤レナ 松本沙理奈 榊原里美 相原雪乃 松永涼 赤西瑛梨華
F  前川みく 大和亜季
E  十時愛梨 川島瑞樹 三村かな子 安部菜々 大槻唯 鷺沢文香 速水奏 北条加蓮    
D  諸星きらり 新田美波 ベテラントレーナー 本田未央 トレーナー 多田李衣菜 一ノ瀬志希 神谷奈緒 塩見周子 難波笑美 水本ゆかり 宮本フレデリカ
C  マスタートレーナー 渋谷凛 アナスタシア 城ヶ崎美嘉 島村卯月 神崎蘭子 小日向美穂 緒方智絵里 佐久間まゆ 輿水幸子 相葉夕美 五十嵐響子 上条春菜 木村夏樹 小早川紗枝 佐々木千枝 道明寺歌鈴 浜口あやめ 姫川友紀 堀裕子   
B  高垣楓 ルーキートレーナー 日野茜 赤城みりあ 上田鈴帆 椎名法子 中野有香 二宮飛鳥 藤本里奈星輝子  
A  城ヶ崎莉嘉 櫻井桃華 脇山珠美    
AA  高森藍子 白坂小梅 橘ありす 佐城雪美 龍崎薫
AAA メアリー・コクラン 遊佐こずえ
AAA↓福山舞 市原仁奈 横山千佳
?  双葉杏

なんとまあ幅広いなあ
年齢も9歳から31歳だと、765組は13歳から21歳だね。
ちなみに2014/1月現在で水樹奈々34歳、堀江由衣さん17歳、田村ゆかりさん17歳。
つまりアイマスはまだ上に攻めれるというわけですな。

--------------------------------------

どうでもいいけど私の中の順位付けを試みてみると
春香ナンバーワンは揺るぎない
響が2番かな
伊織が3番かな
雪歩が4番かな
あずさが5番かな
ここから先はあんまり順位ないし876組も入ってくる
実はそれほど私の心を掴んでいないのが、やよいと亜美真美なんだね
この3人よりは876の3人のほうが好きやねん。
まあ50点を普通とした100点満点の好意でみれば全員70点以上だね。意味不明だね。アイマス最高!
こうやって順位づけする意味ってあるのかな。自分の中で確認する意味はあるかもしれないけど。
制作側は、これだけキャラいたら動かしにくいから、人気は知りたいだろう。 CDやマンガ・アニメへの戦略も変わる。

--------------------------------------

アイドルマスター2 The world is all one!! 
ざわわん4巻まで楽天で買い揃えてるんだけど、最高だな! 文句なしだわ! 
上の順位付けでもそうだけど、ざわわんは超絶俺得の作品なわけよ。
竜宮小町の作品として見ても最高級だわ。
春香・響・雪歩はもちろんだけど伊織と律子が素晴らしい。
泣かされるとは思わなんだわ。
ここまで金払う価値のある漫画もそうそう無いわ、
もう終わりが近づいてるのが残念で仕方がない。
絵・脚本ともに良質で秀逸。
嫉妬するぐらいアイドルたちが可愛く表現されてる。

5巻も買った読んだ泣いた。
ゲーム本編よりよっぽど素晴らしいストーリーで心震えた。

--------------------------------------

玲音って最初「れいね」って読んでたら「レオン」だったのか
まるでプロジェクトフェアリーの強みを集めたようなキャラクター
美希のカリスマとスタイルとビジュアル
響のクールなかっこよさと向上心とダンス
貴音の冷静さ・洞察力・知性と華やぐオーラとボーカル
美希を成長させたような外見に
基本のスタンスは全く残念さを感じない響で
貴音の知性を含ませるような言動といったところか。
これは961プロ所属でも順当な流れや
それとも元961ってスタンスかもしれない
現在961だったらそんなに自由ないだろうし絡んでこないのもおかしい


--------------------------------------

何度も言われている話

春香のドーム成功EDだけが異質で、Pとうまくいかないわけだ。
それでPは何らかの精神的ダメージを受けるわけだ。
そこで春香がかわいそうって意見が出るわけだ。
本当はPがかわいそう、というかプレイヤーがかわいそう。
どうしてこうなった!

春香は純粋にアイドルとしての道を歩むという納得もある。
でもそんなこといったら、Pと一緒にアイドル続けていけばいいじゃないか。
一年で活動終了するなんてそもそもおかしんだよ!
例えPとアイドルの関係が一年というルールを前提と考えても、活動停止にする必要があるのか?
正直、無印のEDの締め方は納得できない。
よっぽど2のようにその後を考えているエンディングの方がしっくりくるのだ。

いや律子とかあずささんみたいなENDならもちろん理解も納得もする。
逆に2の響はどんがらがっしゃんで意味わからなかった。いや意味はわかるけど納得できない。そこは活動してて欲しかった! 活躍しててほしかった! あれは響がすごいマイペースという話なのか

なるほど、Aランクアップコミュで春香は歌を目指すわけだ。春香はPを目指したら駄目なわけだ。
Pは歌を目指す春香がアイドルとして輝くための手助けであり背中を押す役割なわけだ。Pと春香の男女の関係はさておき、アイドルとプロデューサーの関係の締めくくりとして、あのドームENDはあれでいいんだ。

俺がはるちはに見出した共通項も歌だった。
アニマス20話の
「歌が好きだから、自分が歌いたいから歌うんじゃ、駄目なのかな」
「今更、そんな風には考えられないわ」
「歌いたいから歌うんだって思ったほうが気持ちが楽だよ」
なんというかこれは春香と千早の共通の救いというか願望というか、むしろ春香が言われたかったものな気がした。本来ならそれはP、バネPではなくゲームのPってこと。
春香の話は22話にはじまるものではなく、むしろ20話からはじまってる。24話の回想シーンで春香を通して見ると、春香贔屓の俺にはもう、どうみてもメインアイドルで主人公の春香ですってもんよ。

春香と千早はソウルメイト! ソウルミュージック! 魂が歌で出来ている! 千早が隠していても春香は千早の歌に対する入れ込みを感知することができるのだ。

-----------------------------------

アイマスは低ランクENDとか、いわゆるバッドエンドにも魅力ある点を評価したい。
これがプレイヤーを夢中にさせるのに大きく貢献したと思う。
BADEND作らなくても、ありきたりにゲームオーバー暗転でセーブ地点からで終わらせればいいわけだ。
別にそれでいいような気がするし、開発もずっと楽だ。
バッドエンドなんて、脚本作るのも演技もなにからなにまでよっぽどベストエンドより難しんだろう。
でも、アイマスのバッドエンドは、プレイヤーに訴える力が非常に大きかったんだろう。
だからプレイヤーたちはPになり、アイドルたちを泣かせまいと想うようになるんだろう。

-----------------------------------

私は別に春香とどうこうなりたいわけじゃないんだ。春香が輝く姿を見ていたいんだよ。そのために手助けしたいんだよ。春香のために尽力したいんだよ。春香Pとしての根底はこれなんだよ。春香が活躍することは、むしろ親のような気持ちで嬉しく思うんだよ。私は春香に恋してるわけではなく、違う形での愛情を 持っているんだよ。愛の形はいろいろってことだね。
変な話ガンプラ完成させて得られる達成感にだって似たものがあるのかもしれない。
アイマスはギャルゲーで、育成ゲーで、シミュレーションで、スポ根で、音ゲーで、音楽で、アイドルなんだね。意味不明だわ。
でも劇場版宣伝のニコ生見てた時に、中川さんが試写で泣いたって話から感じたけど、アイマスは制作側も受け手の我々も、深い愛情を持って全力でぶつかってるってことなんだろうね。
アイマスは挑戦的でもあって、事件といえるような事態にもなったけど、本気だってことなんだと思う。

アイマスが今後どのような形になったとしても、付いて行くといった妄信的なことではない。
結構な我の強さの、濃いPたちと、それに負けないぐらいの制作側とで、本気でアイマスと向き合っているんだろう。
そりゃあハードルも上がっていくけど、クリアしていって欲しいね。

-----------------------------------

PSのストーリーモードのEND、2のENDでは春香の隣にPは居続けるわけだが、何故変えたのだろうか。P達の批判や失望、要望が製作者に届いたということか。
やはりゲームとして成功したはずのエンディングで、春香が悲しむことになるようなものを作ったことは間違いだったのか。
しかしアイドルとしての成功は、恋する女の子にとってどういったものかという、アイドル観を描いたものとして見ると面白い。

それだけ春香はアイドルマスターのアイドルとは何かというテーマを背負ったキャラクターなのか。
贔屓目に見ても、純粋にアイドルが夢である春香は、他の765アイドルと比べても異なる。同じなのは876の愛である。アイドルが目標である。

だから春香はAランクアップコミュやアニマス後半で、一人夢が叶った?という節目を迎えて、目標を見失う状態になるのだろう。
まだアイドルを憧れや夢として外から見つめていた春香は、自分がアイドルになってみて完全に想像通りだったとは思えない。現実は非常である。
歌うことが楽しくなくなってしまったらどうしようという不安はよくある話だ。
付き合っている男女だって、いつか飽きるとか、好きでなくなったらどうしようとか思うこともあるだろう。
実際、人生でかなりはまっていた趣味が変わる、興味なくなるといった経験をした人は多いだろう。
好きな芸能人が、好きな歌がころころ変わるのも不思議ではない。
好きなアニメや漫画も毎年変わったりする。
春香がアイドルしてやっていくことに不安を覚えるのは普通のことで、普通の女の子の春香にとって、当たり前に生じる悩みである。

それを夢や偶像で終わらせず、真面目に真正面から描きプレイヤーに見せるアイドルマスターだから、偶像たるアイドルの人間らしさを魅力的に見せてくれるアイドルマスターだから、私はアイマスが好きだ。大好きだ。
アイマスに触れる前は確かにギャルゲーと思い、むしろ蔑んでもいたと思う。でも今では、ギャルゲーとは思えない。スポ根、いや言わば人間ドラマとでもいうのか。
私は人間はドロドロしてるからいいと思う。
誰かに慰めてもらう、励ましてもらうといったものが素晴しいのだ。
人の間に生きるのが人間なのだ。

でもアニマスの演出だと、24話の春香を救ったのは13話の春香に見えた。
自己完結してしまったんですか? 春香さん最強説浮上しますけど? でもそのまえのドロドロはあったじゃないか! いいね! すごくいい!
ただの萌え豚を拒否して、ただし俺のように気持ち悪いファンを手に入れたアニマスが私は大好きだ。

もう何のために書いた文章かわからない。当たり前だ。ブログってのはチラ裏を恥ずかしながらネットに公開する暴挙なのだ。その代わりにどんな批判も受ける覚悟は持たねばならない。

ツイッターのような馬鹿発見器でアホ晒して逃げる様な奴はインターネットを使う資格は無い。

春香から突然の脱線。

誰かに読んでもらうために書いているわけではない。結局は自分を顧みるのが最大の目的なのだ。ああああ春香可愛いよ春香わいい大好きだ。何で好きなんだ。そもそも好きなのか何なんだ。わからんからまず文章に書いたらちょっとまとまるかもしれない。どうだ自分のことは自分でもわからないんだな。何かで歌っていた自分以上に自分のことを知っている親友だってさ。俺も親友が欲しいです。はるちはみたいな親友が欲しい。

そうかはるちはは俺の願望だったんだ。俺が百合好きな理由は親友が欲しいという自分自身の願望だったんだ!

それで俺が救われたいんだ。
春香じゃなくて俺が救われたいんだ
春香にごめんなさいしないとな。

あれじゃあ別に百合じゃなくてよくね? 百合論については別の記事にしてある。

---------------------------------

アイドルとは何か。アイドル論って何だろう。
簡単に言えば、ファンにとってのアイドルである。
少なくとも私にとっては、天海春香はアイドルである。他の誰かにとってどうであろうと関係なく、春香は私のアイドルだ。だから春香はアイドルだ。極論、もし春香のファンが私しかいなくても、春香はアイドルだ。
アイマスははじめてのお仕事で最初のファン1人目を獲得するが、これは作曲家の先生説と、P説があると思う。私はP説を信じる。つまり、アイドルの一人目のファンは私、プレイヤー、プロデューサーなのだ。
そしてはじめてのお仕事によって、彼女たちはアイドルになる。
アイドルを目指す彼女たちは、あくまでも彼女たちを応援するファンがついて初めてアイドルという存在になれるのだ。
アイドルは絶対的なものではなく、相対的にしか存在し得ない。

アニマスと劇マスが見せた答えでは、そのファンの中から、憧れてアイドルを目指す子が現れて、アイドルは受け継がれていくのだろう。

ところで輝きの向こう側ってなんだ。輝きというのは、アイドルから見た会場の輝きともとれるし、ファンから見たステージの輝きともとれる。前者なら輝きの向こう側にはファンがいて、未来のアイドルがいて欲しい。後者だとどうなるのか。アイドル達の更なる活躍と、それを応援し続けるファンがいるということになるのか。すると結局は一緒のことをいっているようにも思える。

今ふと、輝きって実はもっと一般的なことなのかもしれないと思った。何かに本気で真剣に取り組む人ってかっこいい、素敵だ、輝いてるよねっていう意味。青春モノというかスポ根なんだろう。やっぱアイマスはギャルゲーじゃないんだな。

本作、「輝きの向こう側へ」では輝きの向こう側を直接的に視聴者に示しはしない。きっと大丈夫といっただけだ。作中で輝きは示してくれたと思う。少なくとも私には登場人物たちが輝いて見えた。それはステージにかぎらず全編通してである。彼女たちの「この先」、10年後がどうだっていうのを想像させる作りにはなっているが、それがどうであるかが重要なのではない。今後があるよっていう、アイマスは終わらないよっていうことが示されていることが良いんだ。アイマスは人生。

劇場版アイドルマスターは、観たPにとってアイマスとは、アイドルとは何かを問いかける作品だったようだ。

春香をリーダーにしたのは、春香がしたいことがPの、ひいては765プロの総意だということだったのかな。何がみんなにとって一番良いのか考えることは別に間違いではない。ただ皆は春香がしたいことを受け入れると決めていたのだし、春香が決めたことならそれがいいという信頼があった。アニメ版・劇場版の765プロの掲げるアイドル論に一番近い存在として春香はリーダーに選ばれたということか。春香が想いを訴える対象は新人7人だけだったってことか。まだ765プロのやりかたも、春香のことも知らない彼女たちには確かな形で伝える必要があったんだ。

何でリーダに選ばれたかで春香は近かったからとか恐らく物理的な距離の意味で言ったけど、アイドルに対する方針がP、引いては765プロと近かったってことだと思う。だからリーダーとして皆をまとめるって考えるんじゃなくて、春香がどうしたいかだけでいい。春香がやりたいことが765プロの出す回答になる。高木社長が独立し765プロを立ち上げて実現させたかったアイドルの形に近い答を春香が持っている。逆に言えば春香にその役割を与えることが根底にあってのアニマス~劇マスなんだろう。
ネットでアニマスや劇マスの感想調べると、Pたちの多様な熱い考え方が見えるからおすすめ。アイマスは作り手も受け手もともに入れ込みようが凄い。アイマスは人生とか冗談じゃなくなってる。ミリオンとシンデレラによってキャラ数は冗談みたいになってるけどね

アニメで雪歩や美希、千早がつまずいていたときには他の人が助けになった。でも春香は自分で答え出してた。まああまとうも少しは助けになったのかもしれんけど、そこはあまとうだし流そう。なんで自分で立ち直っちゃってんの、まじスーパー春香さんじゃん。アニメ版の春香さん神格化されすぎと言われても仕方ない

劇マスのターニングポイントは春香と千早が洒落たバーっぽい所で隣に座って話してる場面だね。私がどうしたいのか。春香がどうしたいかだけでいい。そこで流れている「i」は、’自分一人だけ苦労した気がしてた’、’肩肘張らず素直に生きよう’、’かつて憧れた立場まで来たけれど’、’みんな楽しく笑顔で舞台に立とう’となかなかに劇場版とシンクロしてるようだ。

そこから萩原邸、水無瀬邸で春香を後押しするダメ押しのようになり、事務所に集まって、可奈に会いに行って、ステージ上でクライマックス。実際のところ、はるちはでポストに、千早の母への招待状を投函するところからはエピローグ、EDだと思う。開演前ステージからもうエンディングなんだから実に長いな。

うん言いたいことがまとまらないな。色んなPがネットで書いてる感想が千差万別なのもうなずけるよ。
それもまたアイマスだからそうゆうものなんだよね。私にとっての春香は他にはいない。私にとってのアイマスも他の人とは違う。当然、劇マスの感想も十人十色。
ほんと、本業Pの方々の愛は尊敬に値するわ。アイマスにはずっと、制作側もP側も濃いコンテンツであり続けて欲しい。 

肯定派、考察派の感想は公開後にちらちら見ていたけど、新たに否定派の感想を読んで頷ける点が多かった。
劇場版としては華やかさやスケールの大きさ、深みが足りなかったかなと。アニマスの延長線上という安定感と引き換えに新鮮さや驚きに欠けた。なによりストーリーがぱっと見でアニマスの焼き直し・やり直し・巻き戻し再生・パクリ・コピペだったと言えなくもない。
正直もういいかなっていう劇中劇。劇中劇中じゃなくて劇中でキャラの見せ場作ったほうが良いと思ってしまう。
合宿と
ラムネ色のところは5話思い出すし。
踊れません→やめます。(11話、雪歩)
レッスンに来ない。(12話、美希)
可奈と話しに行く春香は20話の千早回だ。
皆とステージに立つことで悩む春香も23話と24話思い出した。
ライブシーンのステージをうねるようなカメラ挙動やカメラ目線だって13話・25話で既にやってたものの強化板だったし、しつこかったぐらい。
キャラの描写に差があるとか、尺無いにしては頑張ったんじゃないの。アニマス26話でも足りない気がしたぐらいなんだから劇場版2時間で満足できるわけもないし、そこはたぶん誰もが予告やあらすじで読めたはずだ。
ミリマス組はどうなんだあれ。可奈、志保には大事な役割があった。奈緒は関西弁でキャラ立ちはできた。しかし、百合子・星梨花・杏奈・美奈子の4名は魅力や特徴を描写する気あったか。
百合子は合宿で本読んでたけど、妄想なんてなかったしキャラ立ってない。星梨花の可愛らしさもまったく表現不足の普通の子になってた。杏奈のステージ上でのギャップの描写ゼロとかもったいなすぎだろ、暗めな子で終ってるだろかわいそうに何で出した。美奈子はほんとに何か描写あったかな、まったく印象に残らなかったんだが。
曲のマスピはライブ映するような曲じゃないって意見も同意。マスピはまさにエンドロールに合う曲だと思う。
逆に虹色ミラクルは印象に残らなかった。
ラムネ色はぴったりの夏らしい曲だ。
眠り姫に使った新曲のFate of the Worldは、短くて印象に残らないのもあるが、フルで聞いても私の好きな曲ではなかった。

良くも悪くもアニマスの続編であって、アニマスの粋を出ていなかった。期待の大きさ・ハードルの高さに対して残念だったといえばそうだろう。でも私は劇マス好きだよ。アニマス好きなのと同じぐらいに。

劇場版で一番の問題だったところは、予告で見せすぎたこと。これに尽きると思う。予告見たら内容わかっちゃうし、劇中劇以外は実際に想像通りの流れで終ってしまうんだから。


---------------------------------

アイマスはスポコンだってミンゴスだっけかがいっていた。
スポコンだったら俺は好きにならないと思う。俺は運動部ではなかった。体育会系では決してない。
スポコンだからアイマスが好きなのではない。人間ドラマだからアイマスが好きなんだ。
アイドルたちが妙に人間味があって、でも想像の余地が多分にあって、人間ドラマだから好きなんだ。

---------------------------------

私が最初にアイマスを知ったのはまずゼノグラシアだった。
そこでは元の声優を知らない状態で見ていたので、まあまあのロボットアニメとして引っ掛りもなく見ていた。
それに当時は元のゲーム版の方にまで興味を持つこともなかった。
アニメでゼノマスを一回見てそれっきりだったのである。

その後はネット上でたまにステージ動画を見ることがあったぐらいで、「ふーんアイマスの映像結構いいね」ぐらいで止まっていた。

それからずっと飛んでアニマスが始まった。
ネットでも話題になっていたし、まあ見てみたのである。

まず1話だ。
静かに始まって、ごく日常的に映し出される映像、なんかドキュメンタリー始まった。
なんとまあ冒険するアニメだなとか思ってた。
事務所でひととおり紹介した時点では響、雪歩、やよい、美希、亜美、真美、この子達にはそんなに惹かれなかった。
オーディションのシーンなどは、ひびたかふざけてんのかと思った。
でもアイドルについてそれぞれが目標並べていくところですっと引き込まれてきた。
まあ、何よりの決め手はあれだね。
春香のウインク。
アレの衝撃で切らずに見たようなもの。
満を持してダンスで動き出したのも良かった。
2話の撮影シーンも魅力的だった。
3話で雪歩を応援したいと思った。
4話で千早以外の3人が魅力的になった。この時点で特に千早に思うところはなかったが、EDの衝撃は大きかった。
5話はおまけ回として純粋に楽しめた。
6話でアイマスのP=プレイヤーの苦労みたいなものが垣間見えた。そしてスモスリダンスで遂に本気が見える。
7話でやよい天使を理解した。
8話で笑って癒された。
9話はアイマスの様々な顔を楽しめた。
10話はアイドルの苦労から765プロの団結で熱い。
11話はアイドルの話で俺が一番見たかった部分だったと思う。それに百合厨大歓喜。
12話で美希かわいすぎわろた。
13話で見てるだけで熱くなった。ジブリまじ最高にヒートアップ。うるっとする。
14話の衣装かわいすぎだろ。ファンレターの重要性に言及していて好感もてた。
15話はまあ閑話休題で気楽に楽しむ。
16話で響の寂しがりやを理解。
17話でアイマスのアイドルってほんと人間くさいとか思う。
18話はストーリーの流れ、構成、画面演出、間のとりかた、律子の様々な表情・声色・葛藤、とにかく光るものを感じる秀逸な回
19話は貴音にほれてまうやろ。あと本当にホウレンソウは大事。
20話で画面がぼやけて見えにくくなる。歌って。
21話の眠り姫で身震い痺れる。ちょっと黒井の想いもわかるような気がした。想像でしかないけど色々あったんだろうな。
22話は久しぶりに閑話休題かと想ってたら、なんだか不穏なものも。
23話でこの作品はどこの行きたいのか不安になる。レイニー止め思い出した。
24話で三次元の解像度が急落する。ただいま。
25話はもうぜんぶエピローグみたい。もう終わっちまうのかよもっと見ていたいよ。

まあこんな感じでアニメ放送を追っていたわけだが、面白いことにそこからすぐにアイマスにどはまりしたかというと、ブランクがあった。
半年の間はアイマス関連に触れることもなかったのだ。

ところがふとしたきっかけで2のコミュ動画をつべで見たのだ。なぜだろうか一気にアイドルの魅力にはまったね。
アイマスの魅力はコミュにあったんだろう。

それで、アニメ放送から半年空けた状態でアニメ二週目を見たのだ。恐ろしいほど新しい発見があったし。前回よりもずっと楽しめた。まさに作品に没入して見た。なにこのスルメアニメ最高じゃないか。見るたびに画面がぼやける回数も上がるし、飽きることも無い。実に見事。素晴しい。

見返すと声優の熱演というか、アイドルたちが実に生きて感じられるんだよね。
そして表情の機微が実に見事で感服する。

知らん間にCDが手元にあったりするし恐ろしいね。

実は千早と私の人生は重要な部分が一致してて怖いぐらいなんだよね。
家庭崩壊は回避できた分、私のほうがずっとマシなんだけど、
千早の背景はそうゆうのもあって重すぎる。ボロ泣きしてしまうのも当然。

shiny smileは鉄板曲やな


劇場版のM@STERPIECE付属BDで遂に響のシャイスマフルが!
ソロでは無かったけどはるひびの俺得デュオで俺得曲が最高音質らしいよ!
やったね! でも5.1chも素晴らしいスピーカーも無いんだけどな

やったぜバンナム、響のシャイスマフルきたああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ待ってたあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああうおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお9thではぬーも歌いたかったってこっちだって歌って欲しかったよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおうおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおああああああああああああああああああああああああああああああああああああありがとうありがとう


--------------------------------
アニマスいろいろ

一話 雪歩の表情面白いな。春香の「今はそれ以外のことは」って台詞、この「今は」ってのがまさかの最大の伏線だったんだね。待望のPが誕生するって律子はPって紹介したやないかってツッコミ。あと誕生するって聴いた時のリアクションで双子と響がイキイキしてるのと、春香は皆を見てるのがいいね。

二話 元の宣材写真、響・真は悪くなさそう。美希はネタがなかったのか写ってない。あずささんの写真で真美が送風してんのが細かい。他の子の写真は選んだの誰だよ。 美希の撮影めっちゃG4U

--------------------------------
●なんか二次元アイドルについて●
アイマスはラブライブと比較されるようになったね。
何が違うんだ、差はあるのかってさ。
まあこの手の論評はだいたいネットに挙がってるからそれでいいよね。
アイマスは最初からプロのアイドルとして、仕事でもあるという面がある。
ラブライブは学生としてできる部活動的なスクールアイドルとしての面がある。
どちらも青春もの、スポ根ものとしては同じだが、ファンとの関係性においては随分違うだろう。スクールアイドルをばかにするわけではないが、アイマスのアイドルはファンのお陰で食っていくといっていい立場なわけで、ラブライブとは立ち位置が違う。

また、アイマスの子たちはそれぞれが、別々の目標・目的を掲げるとともにトップアイドルを目指す。対してラブライブは、にこは少し違うものの、皆そろって学校存続のためにμ'sとして活動するのだ。ラブライブ=μ'sというグループひとまとまりでの作品なのに対して、アイマスはアイドルそれぞれの物語が集まって765プロを形成しているといえるのではないか。違いってそんなところか。

個人的な感想だが、私はアイマスの楽曲では個人のソロ曲に特に魅力を感じている。ラブライブでは逆に全体曲の方に特に魅力を感じている。まだラブライブの曲が少ないから比較にならないのかもしれないが、いまのところラブライブのソロ曲はいまいちしっくりこない曲が多めに感じるのだ。しかし少なくともアイマスはキャラクターと相性ばっちりの素敵なソロ曲に恵まれていると思う。全体曲が悪いわけではないが、アイマスはキャラごとの物語の集まりという考えをしているせいだろうか、ソロ曲にこそ魅力を感じるのだ。

特に忘れてはいけないのが、アイマスにおけるプロデューサーの存在である。
その世界観に自分がPとして感情移入し、アイドルとともにトップアイドルを目指し歩んでいくのがアイマスの基本だろう。ラブライブは彼女たちを見てるだけである。ただラブライブにはアイマスと違って、ガチの人気投票というリアルでストイックな定期イベントが用意されている。この点からラブライバーはどうしたってファンという枠に納まる。
アイマスにおけるPという立場、これは奇跡的に成立したシステムだと思う。アイドルのプロデューサーであり、そしてなにより一人目の最初のファンなのがP達なのだ。これは何度思い返しても見事な設定だ。

なんか書いてみるとまるでラブライブディスってるみたいだこれ。むしろ最近ウォークマンで聞いてる回数多いのはラブライブなんだけどね。わざわざ比較なんて煽るようなこと書いて意味あるのかっていうとないんだけど。どうせこんなとこ誰も読まないから思いつきで好き勝手書くわ。

まあ結局言いたいことは、アイマスとラブライブは別に被ってないってことなんだよ。同時に楽しめる作品であり、競争し刺激しあってお互いに高め合っていけるんだよ。
どちらもキャラ交代や世代交代といったラスボス、時間の問題を抱えているのも同じだ。
どちらも安易にキャラ交代をしないことを選択したのも似ている。
どちらも三次元のライブに大きな魅力があることも似ている。
ただ現状でライブのダンスについてはラブライブがリードしちゃってるよね。
アイマスはライブで競うには年齢の壁がどうしたって否定できなくなったのも怖い。
プロダンサーなら何歳までぴしっと踊れるのかしらないけど、そのレベルまでやるのか否か。ただ、アイマスのPは別にそれを求めているわけでもなさそうか?

ところでアイカツはアイドル学校の学生なんだよね。ただし、アイマス・ラブライブと比較すると、身内内のライバル競争として切磋琢磨することが結構大きかったかもね。ライバル校ができてからはより外の話になるんだろうけど。

でも結局、アイドル作品は青春のお話ってことにまとまるのか。アイドルたちはお互いに戦友みたいなものだし、そうであってほしい。足引っ張り合い・蹴落とし合いなんて二次元で見たかないんだよ。

ちょいとプリティーリズムの動画見てみたけどなかなかどうして結構な出来じゃないですか。しかし、今更大量のアニメを見るのが億劫すぎるのが最大の問題だな。あと、よくわからん連続なんちゃらのパフォーマンスが・・・と思ったけどアイマスにだってバーストアピールあるんだよな。

プリリズはなんかよくわからんマスコットが動いて喋ってるのと、いまいちノリが受付なかったから3話あたりでやめちゃった。男も邪魔だし。男の扱いはせいぜいアイカツの涼川さんぐらいで良いんだよ。あれですら渋ですずいちが多くて邪魔なのに。

そういえば昔、LEMON ANGEL PROJECT、らぶドル 〜Lovely Idol〜ってのがあったな。ブレイクした覚えもないし、アニメ見た気がするけど記憶に無いわ。

アイドルメモリーズとかいうアニメ。なんか等身低くない? まあそれはどうでもいいとして、ユニットPV見たら歌が下手糞過ぎて見るまでもなく切り安定さよなら。
--------------------------------
● Wake up girls ●
さて有名人の山本寛(ヤマカン)が送り出したWake up girls、WUGは一応事務所所属のアイドルスタートってことでいいのか。まず出鼻の一話でパンモロを筆頭に、炎上商法は大成功といったところ。しかし、映画見てないからすごい置いてけぼりの疎外感感じたし、あれでじゃあ映画見ようと思うわけないじゃん。一話にしては地味すぎて、ドン引きのパンモロしか印象に残らない。キャラ7人の見分けできない、名前覚えてない。
それにあのライブ映像なんなん? 私はまるで実写映像かのように、下手なカメラマンの映像をアニメで表現できます。どうだすごいだろ。ドヤ顔でもしたいわけかヤマカンってのは。なんかそれってハルヒで評価されたのか成功したのかしらんけど味しめてまたやったわけ? 別にそんなん望んでないんですが、わざわざブレたライブ映像見たいわけないだろ、どんな意図があったんだよ。
そうそうパンティー出す意味あるわけ? 俺はAKB知らんけど、なんか劇場ではAKBとかガンガンパンティー出してたんだっけ? ポールダンサーか? パンティー出したらブヒヲタが涎垂らして喜ぶと思ったの? 少なくとも俺はアイドルアニメ見たがってる視聴者がパンチラとか望んでるとは思わないな。アイドルとして懸命に頑張る女の子たちを温かく応援する気持ちで見ていたいだけなのに、下品なパンチラとかお門違いなんだよ。すっこんでろ。水着と一緒とかいう話じゃないんだよ。下着はあかんやつや。

なんなの最期はいかにも怪しい感じに水着出してきて、なんで視聴者が嫌な思いするはめになるんだこれ。彼女たちと同じ気分を味合わせるための演出? この先あまり期待できないようにしてハードル下げたのかな。

今のアニメって俺を含め大半の人は、一話見て視聴継続するか切るか取捨選択してるらしい。それなのにWUGときたら、大事な一話を捨て回かと思える作りにした。
ちなみにアイマスも当時は一話が地味だと言われていたけれど、一緒にすんなよな。最後まで見てから一話から見なおした時に、アイマス一話の偉大さを深く理解できるのだ
あ~じゃあWUGも最期まで見てから一話を評価するべきなの?
いやー映画の話すっぽぬけてこれじゃあ論外じゃね。
なんで調子こいていきなり映画なんかやったんだよ大コケしないだろうなあ?
アイマスみたいにアニメ成功したら映画化で順当だっただろ。話題作りにかけたのかな? よっぽどバカッターの炎上商法のほうが効果でそうなのが素敵だね。

略称はワキガで決定かwwwファンはワグナーだってよ。七英雄ワグナスかよwww空に羽ばたけよwww

さてふざけ過ぎたか。2話は水着回なのに胸糞悪くなるというひどい話。
いやアイドルとはなにかを正しく問いただしていた点では正解なんだろうけど。
妙なリアリティ追求してるよWUG。
未夕は既にメイド喫茶でアイドル的な人気があるわけだから、正統なんだな

3話も前回同様に老人にアイドル的な人気のある実波の正統派な話になっていた。
お仕事のシーンは嫌なリアリティでハラハラさせるけど、内容は今までで一番良かったね。
曲変わってOPもいい感じだった。ようやく期待できそうな矢先だが、スキャンダル持ってくるのか。真夢の話は他の6人の紹介個人回終えてからだと思ってたけどもう出すのか。それとも小出しだけで真相には触れずに進むのか。
一番重要な要素だろうだけに失敗は許されないぞ。

4話は結局問題先送りっすね。ちょっと2話に比べると火力落ちたんじゃね?

5話にきてようやく始まってきたかなという感想。WUGとして何を売りにするのか。何を目指すのか。視聴者もよっぴーと一緒の煮え切らない想いを抱えるという構造がヤマカンの狙いなのか?

6話は2話より更に強烈な演出が効いてた。あのプロデューサーが言ってることもやってることもまっとうに思うし、才能無いってんなら早く教えたほうがよっぽど優しい。
実はWUGに試練を与えてるだけかもしれないし、7人の結束・団結のための脚本・ストーリーでしかないと斜に構えて見てればいいかも。結局そこで藍里を切るなら、どんどん切り捨てるI-1と比較にもならんし。
あああつーか765と961の関係と、WUGとI-1の関係がもろかぶりなわけ? もうそうとしか思えなくなったわ。
まあ別にアイマスだけじゃなく当たり前の対立構造だけどな。

7話見てて漠然と思ったのはこれ、テンポ悪い。うーん、あと演出下手じゃね。感動場面のはずなのに残念だね。

8話見てて作画崩壊気になったわ。それにテンポ悪い。やっとED曲が良いと思えるようになった。

9話は物語の重要部分が大したこと無いよくありそうな話だったのが腑に落ちなかった。壊れた賞みたいなものがそんなに大事なものだったのか? あんな潰し方しなくてもすぱっと解雇でいいだろうよ。

10話の作画崩壊。そして舐めんてんのかあのライブシーン円盤で全部作り直す気なの?

えーヤマカンって最終回のステージすら逃げたの。まじ論外じゃん。アイマスもラブライブも背中見えてない感じやでほんま。ストーリーの流れは良いんだろうけど演出下手だったね。大事な動きの部分を切ってるし、だいたい作画ボロクソだし。二期作る気あったの? もしかしてこんなので円盤売れたら二期とか思ってた? 円盤では全力で修正しますって? もうこれ全部描き直さないと、それでも微妙だよね。おつっした。
WUGはこけてないよ。立ち上がってもいないからね。

しかしながら、WUGには本当に素敵な良曲しかないという事実は忘れてはいけない。タチアガレとリトルチャレンジャーはアイドルアニメ屈指の名曲。なんというかもったいない。
--------------------------------


--------------------------------

私が三次元のアイドルに興味を持てないのは、自分自身の対人恐怖症のような状態が影響してるのかもしれない。そもそもAKBは売り方が気に入らないけどね。まあAKBの売り方がどうだろうと、それに自分の意志で金を払うファンの勝手だから売れるなら事実でしかないんだよね。
まああと、人数の多いダンスがビシッと決まってるとかっこいいけど。多すぎるのは論外だね。


--------------------------------
 ディレ1 石原さん お疲れ様でした。そしてこれからも同僚ということで、よろしくお願いします。
--------------------------------
 ▼
色々書いては見たけど、実際のところ私は、良い意味のラブライバーと言える域にも達してない模様。アイマスPとも言い切れない半端さもある。アイマスにわかファン止まりかなあ。これらのコンテンツへの彼らの愛は尋常じゃないから。先輩方から勉強させて貰うわ。
--------------------------------
アイマスでR-18描いてる奴とは相容れない。そうゆうことじゃねーんだよ
--------------------------------

依田芳乃ボイス付いたけど、思ってたんと違う。そんなウィスパーに思ってなくて、「でしてー」も間延びして気抜けた感じに思ってた。あと、なんか似てるなと思ったけどまゆっぽいのかな。あっ、まゆと紗枝混ぜた感じだわ。まあ、一ノ瀬志希ボイスも城ヶ崎美嘉ボイスっぽいけどさ。それに芳乃Pでもないから声大きくもならないよ。
 ところで、拝み屋って宗教というか詐欺臭くてちょっと、ミステリアスな感じも悪く言えばそんな感じだし、弱い人すぐひっかかるねこれ。こわ。
 私は楓や奏の方向のミステリアスが好きです。
それにしても黒沢凛とは全く思えないぞ。 

--------------------------------

SideMとかいう H16.11.4現在でハズレ曲が一切無い奇跡の楽曲布陣のコンテンツがあるらしい。